ラール・マスジド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯33度42分46秒 東経73度05分15秒 / 北緯33.712863度 東経73.087546度 / 33.712863; 73.087546

ラール・マズジドの位置(赤点)

ラール・マスジド (英語:Lal Masjid, Red Mosque, ウルドゥー語:لال مسجد )は、パキスタンの首都イスラマバードにあるモスク。 このモスクの敷地内には、女性のためのマドラサ(宗教学校)「ジャーミヤー・ハフサー」 と、男性のためのマドラサが付設されている。「ラール・マスジド」とは、現地のウルドゥー語などで「赤いモスク」を意味する。なお、後述の立てこもり事件の際に、日本の報道メディアにおいては「ラル・マスジード」という表記も多く見られたが、これは現地語の音韻(短長母音の区別)の観点からは誤った表記だと言える。

同名のモスクがインドのデリー旧市街(オールド・デリー)にも存在するが、このパキスタンのモスクとは無関係である。

2008年7月6日には、付近で自爆テロが発生し、18人の警官と市民1人が死亡した(詳細は英語版を参照)。

包囲[編集]

2007年7月3日、モスク内にバリケードを築いた武装集団と政府軍との間のにらみ合いは、伝えられるところでは20人以上が死亡する銃撃戦になった。そして、100人以上が負傷した。