ラルス・ソンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラルス・ソンク

ラルス・エリエル・ソンク (Lars Eliel Sonck、1870年8月10日 - 1956年3月14日)は、フィンランド建築家都市計画家

父親は牧師で、母親は代議士の娘だった。9人兄弟の末っ子で、1878年に一家はオーランド諸島へ移住しその地で少年時代を過ごす。

その後トゥルク工業学校の建築学科に在籍し、しばらくして技術短期大学、さらにヘルシンキ工科大学に進学し1894年に卒業。在学中にトゥルク教会建築設計競技で最優秀賞を受賞。その後多数の建築作品を生み出す。1930年に、フィンランド建築家協会最初の名誉会員となっている。

作品[編集]

(建築)

  • ユーゲンサリ・ホール 1899年
  • メルニコフハウス、モスクワ、1927年
  • ルサコフクラブ、モスクワ、1927年-1929年
  • パリ万博ソ連パビリオン、1925年
  • タンペレ大聖堂 、1902年
  • カリオ教会、1912年
  • ログの別荘 1904年
  • オーランド諸島の自分の別荘 1895年
  • SKOGSHYDDAN オーランド諸島 1890年
  • トゥルク 1904年完成
  • ミカエルアグリコラ教会 ヘルシンキ 1935年
  • ヘルシンキ電話会社の建物 1905年
  • エイラ病院
  • ヘルシンキ証券取引所
  • ヴィラKULTARANTA(現フィンランド大統領離宮)

(都市計画)

  • 1899年、ヘルシンキ市内中心部
  • 1899年、Töölö地区計画
  • 1906年、エイラ計画・開発計画案
  • 1906年、トゥルク都市計画設計競技3位
  • 1907年、ヘルシンキ・クロッサリー地区計画
  • 1912年、ラウマ街区変更計画
  • 1918年、オーランド諸島マリーハムン都市再整備計画

参考文献[編集]

  • Dennis Sharp.The Illustrated Encyclopedia of Architects and Architecture. New York: Quatro Publishing, 1991. ISBN 0-8230-2539-X
  • 「Helsinki Urban Guide」 Helsinki City Planning Department 1994年