ヨハン・カジミール (アンハルト=デッサウ侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン・カジミールJohann Kasimir von Anhalt-Dessau, 1596年9月7日 - 1660年9月15日)は、アンハルト=デッサウ侯(在位:1618年 - 1660年)。アンハルト=デッサウ侯ヨハン・ゲオルク1世とその2番目の妻でプファルツ=ジンメルン公ヨハン・カジミールの娘であるドロテアの間の最初の息子として生まれた。

1608年から1609年まで、ヨハン・カジミールは従弟でアンハルト=ベルンブルク侯世子のクリスティアン2世とともにジュネーヴに留学している。1615年に異母兄ヨアヒム・エルンストの早世によって父の後継ぎとされ、1617年に父の創設した「実りをもたらす会」に入会した。1618年に父が死ぬと侯位を継いだが、国務はもっぱら宮廷の顧問官たちに任せ、狩猟に熱中する生涯を送った。

1652年10月4日の狩猟事故により、死ぬまでベッドで暮らすことを余儀なくされた。侯爵の無聊を紛らすため、高名な詩人・作家のフィリップ・フォン・ツェーゼンデッサウ宮廷に雇われている。

子女[編集]

1623年5月18日ヘッセン=カッセル方伯モーリッツの娘アグネス(1606年 - 1650年)と結婚し、間に6人の子女をもうけた。

  • モーリッツ(1624年)
  • ドロテア(1625年 - 1626年)
  • ユリアーネ(1626年 - 1652年)
  • ヨハン・ゲオルク2世(1627年 - 1693年) - アンハルト=デッサウ侯
  • ルイーゼ(1631年 - 1680年) - 1648年、レグニツァ=ブジェク公フリスティアンと結婚
  • アグネス(1644年)

1651年7月14日、叔父のアンハルト=ベルンブルク侯クリスティアン1世の娘アグネス(1615年 - 1673年)と再婚したが、間に子供は生まれなかった。

先代:
ヨハン・ゲオルク1世
アンハルト=デッサウ侯
1618年 - 1660年
次代:
ヨハン・ゲオルク2世