ヨハンナ・ガブリエーラ・フォン・エスターライヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハンナ・ガブリエーラ大公女、ジャン・エティエンヌ・リオタール画

ヨハンナ・ガブリエーラ・フォン・エスターライヒJohanna Gabriela von Österreich, 1750年2月4日 ウィーン - 1762年12月23日 ウィーン)は、神聖ローマ皇帝フランツ1世と皇后マリア・テレジアの間の第11子、八女。全名はマリア・ヨハンナ・ガブリエーラ・ヨーゼファ・アントニアMaria Johanna Gabriela Josepha Antonia)。

愛らしく気立ての優しい性格で、家族や宮廷の人々から広く愛された。1歳年下の妹マリア・ヨーゼファと仲が良く、2人で子供部屋や養育係(Aja)を共用していた。1762年に天然痘のため12歳で死去。遺骸はカプツィーナー納骨堂に安置されたが、心臓だけは切り取られてウィーン・アウグスティナー教会英語版内のロレート礼拝堂ドイツ語版の、ハプスブルク家の成員の心臓を安置する部屋に保管された。

参考文献[編集]

  • Friedrich Weissensteiner: Die Töchter Maria Theresias. Kremayer & Scheriau. 1991
  • Gigi Beutler: Die Kaisergruft, Wien 2001