ユンノリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユンノリ
各種表記
ハングル 윷놀이
漢字
発音 ユンノリ
テンプレートを表示
ユンノリに用いる駒(マル)

ユンノリは、朝鮮半島に伝わる双六のような遊戯。語義はユッ(、遊戯に用いる「棒」+ノリ(놀이、「遊び」)であり、起源は夫余の五部からとされる[1]

サイコロのかわりに4本のユッ()と呼ばれる木の棒(の木で作る。前者は女性が, 後は男性が主に使う)を投げ、落ちたときのユッの状態に応じてコマを進めていく。コマを合体させたりする戦略的要素がある。

ユッの数え方[編集]

ユンノリに用いる棒(ユッ)

4本のユッを投げ、落ちたときの面の向きで駒の進む数が決まる。画像例では刻印のある面が裏、平面が表。

ユッの状態 呼び方 進める数
表×1、裏×3 ト(豚) 1
表×2、裏×2 ケ(犬) 2
表×3、裏×1 コル(羊) 3
表×4、裏×0 ユッ(牛) 4
表×0、裏×4 モ(馬) 5

遊び方[編集]

チームは二つで、それぞれ4つの駒を使う。4つの駒を全部到着地点に送るチームが勝つ。

「ユッ」、又は「モ」が出るともう一回ユッを投げる。

ユッは布団やむしろ等の上に投げる。この時、布団(又はむしろ)の外の地に触れる棒がある場合これを「낙(ナク、落)」と言い、投げたユッは無効になって何も出来なく、そのまま相手の順序になる。 但しこれは韓国でのルールで、北朝鮮にはこのルールはない。

駒を動かす時、進もうとする所に相手の駒があるとその駒を捕まえる。そして、捕まれた相手の駒は盤から追い出される。 このように相手の駒を捕まえた時にももう一回ユッを投げる。但し、「ユッ」や「モ」で捕まえた場合は投げられない。

自分の駒を動かす時、進もうとする所に自分の駒があるとその駒と合体する。これを「업기(オプキ : 背負い)」」と言う。背負う駒の数の制限はない(4つ全部背負う事も出来る)。相手に捕まれた時は一緒に盤から追い出され、合体した駒たちは解体される。

現代の韓国ではユンノリをもっと楽しくする為に一本の棒の裏に印をして置いて、この棒一つだけ裏が出た時「トゥイット(뒷도)」又は「ペクト(빽도)」と言い、駒を一歩後退させる事もある。このトゥイット(ペクト)で相手の駒を捕まえた時にももう一回ユッを投げる。

ユンノリに用いる盤(マルパン)

南東の隅の地点(黄色い矢印の左)が到着地点である。但し、駒がここに着く事で終わるのではなく、この地点に着いたまま又ユッを投げて駒が「盤の外へ」行く事で到着が成立する。このように4つの駒が全員着くと勝利する。だから、ここは「準到着地点」だと言える。

この「準到着地点」の上の方向に従って駒が前進する。駒の出発点はなく、ユッを投げて出た数の通りに準到着地点から上の方向に数えた距離で駒を置く。例えば、「ト」の場合駒は準到着地点の真上、「モ」の場合駒は北東の隅に置く事になる。

盤に自分の駒がない時「ペクト」が出た場合、何もできなく、そのまま相手の順序になる。しかし、「ト」が出て準到着地点の真上に駒を置いて後の順序でペクトが出た場合、この駒を一歩後退させて一気に準到着地点へ行く事が出来る。

脚注[編集]

  1. ^ 申采浩『朝鮮上古史』(邦訳p.66)で、『魏志夫餘伝』に見える「馬加・牛加・豬加・狗加・大使(犬使)」をユンノリの馬・牛・豚・犬などにあてはめている

参考文献[編集]

  • 申采浩著・矢部敦子訳(1983)『朝鮮上古史』緑蔭書房

関連項目[編集]

  • ハンゲーム - 韓国の大手オンラインゲームサイト。日本語版でも「すごろく」としてユンノリのネットワーク対戦が可能。ユンノリに馴染みの薄い日本人でもプレイしやすいよう難しい用語は出来るだけ使用していない。

外部リンク[編集]