ヤマハハコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマハハコ
Anaphalis margaritacea 080802.JPG
2008年8月、栃木県帝釈山
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: ヤマハハコ属 Anaphalis
: ヤマハハコ A. margaritacea
学名
Anaphalis margaritacea
(L.) Benth. et Hook. fil.
和名
ヤマハハコ(山母子)

ヤマハハコ(山母子、学名Anaphalis margaritacea )はキク科ヤマハハコ属多年草雌雄異株

特徴[編集]

茎の高さは30から70cmほどになり、茎には灰白色の綿毛が密生する。は無柄で茎に互生し、形は線状披針形。葉の表面はつやのある緑色だが、裏面は茎と同じ灰白色の綿毛が密生する。葉脈は3本あり、縁は全縁でやや裏面に巻き込む。

花期は8月から9月で、茎の上部に淡黄色の頭花を散房状につける。白いカサカサした花びら状のものは総苞片

 
 

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州(長野県および石川県以北)に、日本国外では、千島、樺太、カムチャツカ、中国、ヒマラヤ、北アメリカに広く分布する。山地の日当たりのよい草原、崩壊地、道路法面などに群生する。

近縁種[編集]