モンマス博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg モンマス博物館
Monmouth Museum - geograph.org.uk - 1708313.jpg
施設情報
正式名称 Monmouth Museum
研究職員 アンドルー・ヘルメ
所在地
ウェールズの旗 ウェールズモンマスマーケット・ホール英語版
位置 北緯51度48分47.16秒 西経2度42分56.16秒 / 北緯51.8131000度 西経2.7156000度 / 51.8131000; -2.7156000
ウェブサイト Monmouth Museum
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

モンマス博物館(モンマスはくぶつかん、: The Monmouth Museum)、別名ネルソン博物館・地域史センター: The Nelson Museum and Local History Centre[1]は、ウェールズ南東モンマスシャーモンマスにある博物館。ここはホレーショ・ネルソンにまつわる品々を特に蒐集している。モンマス中心部の古いマーケット・ホール英語版にあり、モノウ川モンマス城、アジンコート・スクエアに近い。

歴史[編集]

モンマス帽のオリジナルとして唯一現存する16世紀の帽子。この博物館で展示されている。

ネルソン提督のコレクションは、ジョージナ・ランガタク夫人によってモンマスの町へ寄贈された。彼女の夫の初代ランガタク男爵ジョン・ロールズ英語版は、地元の地主かつ町の慈善事業家であり、息子のチャールズ・ロールズは19世紀末から20世紀初めにかけてネルソンの遺品を集めていた。このコレクションには、ネルソンの(およびトラファルガーで降伏したフランス・スペイン海軍司令官の)海軍士官用軍刀、ネルソンが妻とエマ・ハミルトンに宛てて書いた手紙、その他ネルソンの数々の勝利、イギリス海軍での栄達、ハミルトン夫妻を伴ったモンマス、カイミン・ヒル英語版サウス・ウェールズ英語版への訪問を記念する様々な品が含まれる。他の展示品には、記念となる銀食器、版画、絵画、ガラス食器、陶磁器、トラファルガー海戦の模型がある。ネルソンの来訪に関する品として、カイミン・ラウンド・ハウスで食事をした時に使ったというテーブルがある[2]

コレクションには、ネルソンにまつわる、まがい物もある。例えば彼が使ったと称するガラス製の義眼があるが、彼は右目の視力は失なったが眼球はなくしておらず、これは外科教育用の標本である。この博物館には、モンマスの歴史と考古学に関する品々、チャールズ・ロールズとその一家に関する文書類もある。例として、16世紀に作られたオリジナルとして唯一現存するモンマス帽がある。

この博物館は1924年にグレンダウワー・ストリートの体育館で開館した。その建物は、1891年にジョン・マクリーン・ロールズ英語版の成人を記念し、ランガタク男爵英語版家が寄贈したものだった[3]。そして1969年、完全に再改修された現在のマーケット・ホールへ移転した。マーケット・ホールの建物の主要部分全体は、1963年の火災で損壊している[4]

脚注[編集]

  1. ^ Monmouth Town Guide (PDF)” (英語). Monmouth Town Council. 2012年3月20日閲覧。
  2. ^ Jones, Barbara (1974). Follies & Grottoes. Constable & Co. p. 414. ISBN 0094593507. 
  3. ^ Helme, Andrew (2009年7月). “Nelson Museum”. Monnow Voice (3): p. 6 
  4. ^ The New Market Hall fire, Monmouth, 1963” (英語). Gathering the Jewels. 2012年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]

  • Monmouth Museum” (英語). Monmouthshire County Council. 2012年3月20日閲覧。 - 公式サイト