モネダ宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モネダ宮殿 - チリ大統領官邸
モネダ宮殿内部

モネダ宮殿(モネダきゅうでん、Palacio de La Moneda)は、チリ大統領官邸

概要[編集]

1784年に、ホアキン・トエスカ(Joaquín Toesca)設計の元、スペイン植民地の造幣局の建物として着工され、1805年に完成する。1814年から1829年にかけて、通貨が作られる。

1845年6月より、チリの大統領モヌエル・ブルネス(Manuel Bulnes)が大統領官邸として使用する。その後、大統領官邸として機能を果たす。ガブリエル・ゴンサレス・ビデラ政権以降、大統領の住まいは別のところとなる。

1973年9月11日チリ・クーデターが起き、サルバドール・アジェンデがチリ大統領として執務するモネダ宮殿に対して、チリ空軍が爆撃する。自ら銃を手にしたアジェンデ大統領は、戦死したとも、また自殺したとも言われていたが、チリ当局の遺体調査により2011年、自殺であることが判明した[1][2][3][4]。建物も、各所で破壊されたままとなる。

1981年に、大規模な修理が行われ、再建される。2006年には、地下に『モネダ宮殿文化センター』(Centro Cultural Palacio de La Moneda)が完成されて、広く市民に公開されている空間となっている。

出典[編集]

  1. ^ Allende’s Death Was a Suicide, an Autopsy Concludes”. NYT. www.nytimes.com (2011年7月19日). 2011年7月21日閲覧。
  2. ^ Informe del Servicio Médico Legal confirma la tesis del suicidio de ex Presidente Allende”. www.latercera.com (2011年7月19日). 2011年7月21日閲覧。
  3. ^ “チリ・故アジェンデ大統領は「自殺」 クーデターで死亡”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年7月20日). オリジナル2011年7月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110722021404/http://www.asahi.com/international/update/0720/TKY201107200454.html 2011年7月21日閲覧。 
  4. ^ “アジェンデ元大統領は自殺 遺体掘り起こし確認 頭撃ち抜いて チリ”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年7月20日). オリジナル2011年8月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110828133259/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110720/amr11072013380006-n1.htm 2011年7月21日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

チリ政府公式サイトでの説明ページ

日本語サイト