ガブリエル・ゴンサレス・ビデラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・ゴンサレス・ビデラ
Gabriel González Videla
Gabriel Gonzalez Videla.jpg

任期 1946年11月3日1952年11月3日

出生 1898年11月22日
チリの旗 チリラ・セレナ
死去 1980年8月22日(満81歳没)
チリの旗 チリサンティアゴ・デ・チレ
政党 人民戦線

ガブリエル・ゴンサレス・ビデラ(Gabriel González Videla, 1898年11月22日 - 1980年8月22日)はチリ政治家であり弁護士である。1937年人民戦線を結成し、1946年大統領に就任した。急進党、社会党、チリ共産党の3党の連立内閣を組織した。1947年チリ共産党を連立政権から除外し親米政策を採択した。1952年9月に辞任した。


公職
先代:
フアン・アントニオ・イリバーレン (en
チリの旗 チリ共和国大統領
第25代:1946 - 1952
次代:
カルロス・イバーニェス・デル・カンポ


この記述には、ダウムからGFDLまたはCC-SAで公開される百科事典『グローバル世界大百科事典』をもとに作成した内容が含まれています。