メチルイソシアニド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メチルイソシアニド
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 593-75-9 チェック
PubChem 11646
ChemSpider 11156 チェック
特性
化学式 C2H3N
モル質量 41.05 g mol−1
外観 無色の液体
密度 0.786 g/mL 液体
融点

−45 °C

沸点

59-60 °C

への溶解度 混和性
溶解度 有機溶媒
危険性
EU分類 Flammable, harmful
NFPA 704
NFPA 704.svg
3
2
0
Rフレーズ R11, R20/21/22, R36
Sフレーズ (S1/2), S16, S36/37
関連する物質
関連物質 acetic acid, acetamide, ethylamine, Acetonitrile
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

メチルイソシアニド(methyl isocyanide)は、イソシアニドの一つ。アセトニトリルの異性体であるが、その反応性は大きく異なる。主に5原子複素環の合成に用いられる。

他のイソシアニド類と同様に強烈な悪臭を有する。

合成[編集]

メチルイソシアニドはGautierによってシアン化銀ヨードメタンの反応から初めて合成された[1][2]。一般的にはメチルイソシアニドはN-メチルホルムアミドの脱水反応により合成される[3]

用途[編集]

メチルイソシアニドはいくつかの複素環式化合物の合成に有用である。また、錯体化学においては配位子となる[4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ A. Gautier (1868). “Ueber eine neue Reihe von Verbindungen, welche mit den Cyanwasserstoffsäure-Aethern isomer sind”. Ann. 146: 119–124. doi:10.1002/jlac.18681460107. 
  2. ^ A. Gautier (1869). Ann. Chim. et Phys. 17 (103): 203. 
  3. ^ Schuster, R. E.; Scott, J. E. (1973), “Methyl isocyanide”, Org. Synth., http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=cv5p0772 .
  4. ^ Heiner Eckert, Alfons Nestl, Ivar Ugi, "Methyl isocyanide" in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis 2001 John Wiley & Sons. doi:10.1002/047084289X.rm198

外部リンク[編集]