ムーサール運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムーサール運動מוּסָר mūsār, mu/isor, mu/iser, mussar movement)はリトアニアミスナグディームハシディズムに属さない人、反対者)の間に起こり現在まで続く、ユダヤ教倫理面を強調する運動のことである。

リトアニアのラビイスラエル・リプキン=サランテル Israel Lipkin-Salanter により提唱された。リプキンはレブ・ズンデル・サラント Reb Zundel Salant に影響を受けた。

リトアニアのイェシーバー世界に浸透していった。

ムーサールとは倫理とか、伝統を意味するヘブライ語の言葉である。

ムーサール文学[編集]

ムーサールとは本来中世に始まったユダヤ教文学の一形態であり、それらの中にはイディッシュ語文書を含んだ。 ムーサール運動では、これらの文章を集め、研究することとなった。

ムーサール運動に関係する古典文献[編集]

現在も研究されている倫理に関わるラビの作品:

ムーサールの方法について述べられている古典文献:

  1. "Orchos Tzaddikim" anonymous
  2. "Cheshbon ha-Nefesh (Accounting of the Soul)" by Rabbi Menahem Mendel Leffin
  3. "Strive for Truth (Michtav me Eliyahu)" by Rabbi Eliyahu Dessler

ムーサールのエッセンスに関わる、オンライン・英語で読める文書:

その他の本:

  • デレフ・ハッ=シェーム Derech Hashem (主の道)

英語版の参考文献[編集]

  • Rabbi Israel Salanter: Religious-Ethical Thinker, Menahem G. Glenn (1953, 2005)
  • Contemporary Jewish Ethics: a Bibliographical Survey, S. D. Breslauer (1985)
  • Modern Jewish Morality: a Bibliographical Survey, S. D. Breslauer (1986)
  • Werblowsky, in: Annual of Jewish Studies, 1 (1964), 95-139;
  • Hebrew Ethical Wills, 2 vols., I. Abrahams (ed.) (1948)
  • Contemporary Jewish Ethics and Morality: A Reader, Ed. Elliot N. Dorff and Louis E. Newman. Oxford University Press, 1995
  • The Business Bible: 10 New Commandments for Bringing Spirituality & ethical values into the workplace, Wayne Dosick, Jewish Lights Publishing
  • The Challenge of Wealth: A Jewish Perspective on Earning and Spending Money, Meir Tamari, Jason Aronson Inc., 1995
  • The Book of Jewish Values, Joseph Telushkin, Bell Tower, 2000.

補遺[編集]

Rav Yosef Yoizel Horowitz ZT"L The Alter of Novardok attended mussar shiurim given by Rav Blazer and Rav Shenker in コヴノ

外部リンク[編集]

関連項目[編集]