ミホ・モスリシュヴィリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミホ・モスリシュヴィリ
(მიხო მოსულიშვილი)
Mikho Mosulishvili, October 28, 2011, 22 th scool.JPG
誕生 ミホ・モスリシュヴィリ
მიხო მოსულიშვილი
1962年12月10日(51歳)
グルジアの旗 グルジアトビリシ
職業 小説家翻訳家日本文学研究者
言語 グルジア語
国籍 グルジア ナイアガラ
活動期間 1984年 -
ジャンル 短編小説
小説
戯曲
評論
随筆
代表作 『バレルのない飛行』 (2001年)
処女作 『フォレストマン』 (1984年)
公式サイト http://www.wix.com/mimos77/archanda?ref=nf
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ミホ・モスリシュヴィリ (グルジア語: მიხო მოსულიშვილი, : Mikho Mosulishvili, 1962年12月10日 - ) は、グルジア小説家

来歴・人物[編集]

グルジアにあるトビリシの生まれ。

モーフゥリーシュヴィリは、トビリシ国立大学の地質学部に学び、映画・演劇科の脚本コースにおいて副専攻を取った。モーフゥリーシュヴィリはグルジア語によるいくつかの短編や長編の小説、戯曲を発表し、ボリス・アクーニンによる小説をグルジア語に翻訳した。彼の演劇は、グルジアにある劇場やテレビで行われている。翻訳、英語ドイツ語アルメニア語ロシア語に彼の作品のいくつか。

影響:聖書ショタ・ルスタヴェリヴァジャ・プシャヴェラウィリアム・シェイクスピアジェイムズ・ジョイスヘルマン・ヘッセアーネスト・ヘミングウェイ芥川龍之介

モーフゥリーシュヴィリは結婚し、一人の娘がいる。

日本語訳著作[編集]

作品[編集]

ローマ人[編集]


短篇小說(書籍)[編集]

ドラマ[編集]

翻訳本[編集]

テレビ[編集]

  • 1999年: 『わが友ヒットラー』 (三島由紀夫による同名の劇に触発された)

栄誉と賞[編集]

  • 1998年: 『名誉』勲章[7](『名誉』メダルが積極的にグルジアの復興に参加し、高貴な行為に献身したグルジア市民に授与される)のキャバリア。
  • 2005年: モスクワ国際的な文学的な競争『自然记号』ストーリーのカテゴリに[8](音楽についての文学的作品)『ジャズとロック』へき地[9](ロシア語訳の第二の価格マハ・双方向リウコウワット)
  • 2006年: 文学的な競争の価格(アテネ

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]