マーチン・ローリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーチン・ローリー

トマス・マーティン・ローリーThomas Martin Lowry, 1874年10月26日 - 1936年11月2日) は、イギリス化学者である。

ウェストヨークシャーブラッドフォードに生まれる。

有機化学、水溶液中のイオンの特性を研究したヘンリー・アームストロングen:Henry Edward Armstrong)の元で化学を学んだ。

1896年にアームストロングの助手になり、1898年, ニトロ-d-カンフル (nitro-d-camphor) の旋光性 が時間とともに変化することを示し、この現象を変旋光 (mutarotation) と名付けた。1906年にウェストミンスター・トレーニング・カレッジの化学の講師になり、1912にGuy's Hospital Medical Schoolの化学部長、1913年にLondon medical schoolの化学の教授になった。

1914年に王立協会のフェローになり[1]、1920年にケンブリッジ大学の物理化学の教授になった。

1923年に、デンマークのブレンステッドと同時に、樟脳の誘導体の旋光性に対する酸と塩基の影響の研究から、プロトンの供与、受容による酸と塩基の定義を提出した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lowry; Thomas Martin (1874 - 1936)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2011年12月11日閲覧。