マルゲリータ・ディ・ナヴァッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マルゲリータ・ディ・ナヴァッラ(Margherita di Navarra, 1128年 - 1183年)は、シチリアグリエルモ1世の王妃。ナバラガルシア6世(ガルシア・ラミレス)の娘。

グリエルモ1世との間に4男をもうけたが、三男グリエルモ以外は早世した。

  • ルッジェーロ(1152年 - 1161年)
  • ロベルト(1153年 - 1158年)
  • グリエルモ2世(1155年 - 1189年)
  • エンリーコ(1158年 - 1172年)

夫グリエルモ1世が1166年に病死すると、息子グリエルモ2世が王位を継いだが、まだ少年であったためマルゲリータが摂政となった。