マッテーオ2世・ヴィスコンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッテーオ2世

マッテーオ2世・ヴィスコンティMatteo II Visconti, 1319年頃 - 1355年9月29日)は、ミラノの副領主(シニョーレ)である。兄弟のガレアッツォ2世・ヴィスコンティベルナボ・ヴィスコンティと協治していた。

ステーファノ・ヴィスコンティとヴァレンティーナ・ドーリア(ブランカ・ドーリアの息子のベルナボ・ドーリアの娘)との第一子である。

1342年に、エジディオーラ・ディ・フィリッピーノ・ゴンザーガ(Egidiola di Filippino Gonzaga)と結婚。

1346年に叔父のルキーノ・ヴィスコンティによってモンフェッラートへ追放され、ミラノに戻ったのは1354年に大司教ジョヴァンニ・ヴィスコンティの死去に伴うミラノ公国の分割に参加した時で、彼に割り当たったのは、ローディピアチェンツァパルマボローニャであった。

母ヴァレンティーナが作った夕食を大量に食べた後に死んだが、実際には兄弟に毒を盛られたと疑われている。