ルキーノ・ヴィスコンティ (ミラノの僭主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルキーノ・ヴィスコンティ。18世紀の想像画

ルキーノ・ヴィスコンティLuchino Visconti, 1287年頃 - 1349年1月24日)はミラノの僭主。

マッテーオ1世・ヴィスコンティとボナコッサ・ボッリとの第四子として、1287年頃誕生した。1314年には、ピエモンテにて兄弟のマルコと共に教皇派と戦った。

1315年パルマ領にて皇帝派を助けるためトスカーナに出向きウグッチョーネ・デッラ・ファッジュオーラの援軍とのモンテアペルティの戦いで傷ついた

1319年にはモンカステッロの勝利に協力し、トリゼッレの戦いで新しい傷が負った。

1337年には、マスティーノ・デッラ・スカーラと戦ったが、マントヴァ付近で退却を選んだ。

1339年にヴィスコンティ軍の指揮につきパラビアーゴ聖ゲオルギウスの軍の指揮官で投獄されていた従兄弟のロドリジオ・ヴィスコンティに勝利した。同年、甥のアッツォが子供を残さず死に、その後を継いだ。

議会で兄のジョヴァンニと共に宣言され、実際に政府に影響を残した。彼は残酷な僭主で貴族の敵であった。彼に対しフランチェスコ・プステルラが謀反を企て、妻をだましたが、陰謀は発覚し、プステルラとその一味は処刑された。

1342年にはベッリンツォーナをルスカ家に、ロカルノアスティトルトーナアレッサンドリアアルバケラスコを自分の政府に併合した、そのためこれらを巡り最後に戦ったアンジュー家サヴォイア家と敵対した。

1344年に対ピサ戦争を開始し、1346年にエステ家の領土の一部からパルマが譲与される事で戦争は終結した。ルキーノの最後の功績はモンフェッラート侯国ゴンザーガ家との戦争だが、1349年に急死したため最後まで指揮できなかった。一説によると妻イザベッラ・フィエスキに毒殺されたのではないかと言われている。息子のルキーノ・ノヴェッロは彼の遺児ではないとされ、地位を剥奪された。

ルキーノの家族とミラノは321年から破門と政務停止となっていたが、1341年教皇の許しを得た。ルキーノの家系の大きさは彼から増大したが、一部の領主達から没収したおかげで一財産を築くことができたのである。

参考文献[編集]

  • G. Biffi. Gloriosa nobilitas familiae Vicecomitum. 1671, Milano;
  • L. Beltrami. Il castello di Milano. 1894, Milano;
  • C. Cavallero. Racconto istorico della celebre vittoria attenuta da Luchino Visconti, principe di Milano, per la miracolosa apparizione di S. Ambrogio, in Parabiago. 1745, Milano.
  • G. Volpi. Dell'istoria dei Visconti. 1737, Napoli.