マシン油乳剤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マシン油乳剤(マシンゆにゅうざい)とは、農薬の一種でマシン油(機械用の潤滑油)が主成分であり、界面活性剤が加えてある。水で希釈して、カイガラムシ類、ハダニ類などの防除に用いる。商品名は、スプレーオイル機械油乳剤など。毒物、劇物に該当しない農薬なのでホームセンター、園芸店などで普通に購入できる。

多くの殺虫剤が害虫の神経系に作用して効果を表すのに対して、マシン油乳剤は害虫の気門を物理的に封鎖して窒息させることにより効果を表す。従って、害虫に薬剤耐性が生じる心配はないとされる。