ポルフォビリノーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルフォビリノーゲン
識別情報
CAS登録番号 487-90-1
PubChem 1021
EINECS 207-666-3
MeSH Porphobilinogen
特性
化学式 C10H14N2O4
モル質量 226.229
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ポルフォビリノーゲン (Porphobilinogen) は、 ポルフィリンの生合成にピロールを導入する中間物質である。

ポルフォビリノーゲンは、アミノレブリン酸アミノレブリン酸脱水酵素により合成される。ポルフォビリノーゲンは、ポルフォビリノーゲン脱アミノ酵素によりヒドロキシメチルビランに結合、変換される。

ポルフォビリノーゲンの合成

急性間欠性ポルフィリン症 は、尿中ポルフォビリノーゲンを増加させる原因となる[1]


脚注[編集]

  1. ^ Aarsand, AK; Petersen PH, Sandberg S (April 2006). “Estimation and application of biological variation of urinary delta-aminolevulinic acid and porphobilinogen in healthy individuals and in patients with acute intermittent porphyria”. Clinical Chemistry 52 (4): 650–656. doi:10.1373/clinchem.2005.060772. PMID 16595824. http://www.clinchem.org/cgi/content/full/52/4/650.