ポラック・ミハーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1850年頃のポラックの肖像, サン・モールによる油彩画

ポラック・ミハーリー:Pollack Mihály)(1773年8月30日-1855年1月5日)はハンガリー新古典主義様式の建築家である。主な建築はハンガリー国立博物館 (1837–46)、ルードヴィカ軍事アカデミー

1773年、ウィーンに生まれる。93年あるいは94年、異母兄弟で建築家のレオポルト・ポラックのいるミラノに移り住む。98年、ペシュトに転居、1808年から街の美観化に力を発揮する。1810年から30年にかけて住宅の設計、その後に宮殿や公共施設の設計を手掛ける。27年には当時ブラチスラヴァにあったルードヴィカ軍事アカデミーがペシュトに移動してきたために、1830年から36年にかけてそのための新しい建物の設計を行った[1] 。彼の設計様式はバロック様式から新古典主義へと推移していった[2]。1855年、ペシュトにて81歳で没。



脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Horel, Catherine (2009) Soldaten Zwischen Nationalen Fronten, Austrian Academy of Sciences Press (in German)
  2. ^ Pollack Mihály, Hungarian Electronic Library, retrieved 31 October 2012(in Hungarian)