ポマレ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポマレ3世

ポマレ3世タヒチ語:Pōmare III、1820年6月25日 - 1827年1月8日)は、タヒチ王国英語版 ポマレ王朝第3代の王。1821年に死去した父王ポマレ1世の跡を継ぎ、1歳半で王位を継承した。母は王后テリイタリア英語版。父と側室テレモエモエ(テリイタリアの妹)の間には7歳年上の異母姉がいる。

ポマレ3世はまだよちよち歩きの幼君のため、母テリイタリア、叔母テレモエモエ、そして5人の主要な部族長が摂政となり共同して国政にあたった。1826年にはアメリカ合衆国との通商条約を締結している。しかしその翌年にポマレ3世は6歳で夭折した。王位は異母姉のポマレ4世が継承した。

参考文献[編集]


先代:
ポマレ2世
ポマレ王朝
1821年 - 1827年
次代:
ポマレ4世