ボストン・チルドレンズ・ミュージアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボストン・チルドレンズ・ミュージアムの正面

ボストン・チルドレンズ・ミュージアムBoston Children's Museum)は、1913年に空き家になった倉庫を改造して作られた子供のための博物館。絵画、造形から理科の学習に役立つような体験型、参加型の遊んで、触って、楽しめるハンズオン博物館。ボストンでは広く知られている。初代の館長が『スポック博士の育児書』で有名なベンジャミン・スポック博士の息子マイケル・スポックだったということも、世間では話題を呼んだ。

このようなチルドレンズ・ミュージアムは、1899年にブルックリンで作られたものが一番古いといわれる(詳細は、Campbell, Karen. "Empowering Kids." Our Town Brookline March 2007: 6-9. を参照のこと)が、全米ほとんどの州に、各種のチルドレンズ・ミュージアムがある。

自然史に重点を置いたものから、交通、日系アメリカ人の文化にいたるまで、バラエティがある。

日本でも、こうしたミュージアムをという機運が高まり、徐々に増えていく傾向にある。

外部リンク[編集]