ホソバオケラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホソバオケラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: オケラ属 Atractylodes
: ホソバオケラ A. lancea
学名
Atractylodes lancea
シノニム

Atractylis lancea

和名
ホソバオケラ

ホソバオケラ(学名:Atractylodes lancea)はキク科の植物の1種。別名はソウジュツ。

概要[編集]

中国華中東部に自生する多年生草本。花期は9〜10月頃で、白〜淡紅紫色の花を咲かせる。中国中部の東部地域に自然分布する多年生草本。通常は雌雄異株。但し、まれに雌花、雄花を着生する株がある。日本への伝来は江戸時代、享保の頃といわれる。特に佐渡ヶ島で多く栽培されており、サドオケラ(佐渡蒼朮)とも呼ばれる。

生薬[編集]

本種またはシナオケラ Atractylodes chinensis根茎は、蒼朮(そうじゅつ)という生薬である(日本薬局方での定義による)。

中枢抑制、胆汁分泌促進、抗消化性潰瘍作用などがあり、啓脾湯葛根加朮附湯などの漢方方剤に使われる。

外部リンク[編集]