ヘンリー・ワイズ (庭師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリー・ワイズ

ヘンリー・ワイズ(Henry Wise, 1653年 - 1738年 )は、イギリス庭師、養樹園主として知られるが、宮廷画家も務めた。 当時のアン女王のお気に入りの庭師として歴史に名をはせる。

代表作[編集]

  • ハンプトン・コート宮殿の迷路園
  • チャツワース・ハウス 風景庭園
  • ブレナム・パレス
  • ブロンプトン養樹園(ナーサリー)
  • 現ロイヤルアルバートホール
  • サウスケンジントン美術館庭園
  • チェルシー病院庭園
  • ロングリート
  • メルボルンホール
  • ウィンポルホール城のデザインガーデン

人物[編集]

英国人庭師、庭園デザイナーであるほか、養樹園主も務めた。ジョージ・ロンドンに弟子入りし、旧ブロンプトン園(現在のロイヤルアルバートホール・サウスケンジントン博物館、ロンドン)で働いていた。二人は後でパートナーとして協働。彼らのおもな実績にはハンプトンコート庭園花壇、チェルシー病院 、ロングリート、チャッツワース、オーストラリア・メルボルン市庁舎、ウィンポールホールと城などがある。作風はフランスとオランダにおけるハワードらの現代的な庭のデザインや彫刻からインスピレーションを得ている。 ケンジントンガーデンズ(Kensington Gardens)は、ヘンリー・ワイズチャールズ・ブリッジマンらによってファッショナブルな機能を備えた丸池 、沈降したオランダ式の庭がレイアウトされた。

ワイズとロンドンはこのほか、自国内向けに園芸至上著名なフランスの書籍を翻訳している。 その著は『Retir'd Gard'ner』と題され、2分冊になっている。本書は、1706年にロンドンで刊行され、人気を博し増刷が行われた程である。

ワイズはガーデニングの努力を通じて富裕層となり、ウォリックシャーの修道院の荘園を購入した。その他、不動産やマンションを購入し、1727年に地方の大地主として引退した。

作家と庭園デザイナーとして著名であるスティーブン・スイッチャーは、ロンドンとワイズのもとで修行している。

イギリスのアン女王とキングジョージ両方から王室庭師のポストに任命されてから、ブロンプトンの園は、他の庭師にまかされるが、ワイズは家屋とブロンプトンのパーク部を担当。 彼の意志によって1734年に、ワーウィックにあった彼の家をブロンプトンまで、残りすべて相続人にまかされた。

参考文献[編集]

  • 『ガーデン・ブック』 ファイドン、2005年、ISBN-10: 4902593181 ISBN-13: 978-4902593181