ヘプタニトロキュバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘプタニトロキュバン
識別情報
PubChem 11732527
特性
化学式 C8HN7O14
モル質量 419.13204
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヘプタニトロキュバン(Heptanitrocubane)とは爆薬の一種でキュバンに7個のニトロ基が付いた形をしている。オクタニトロキュバンよりもニトロ基が一つ少ない。

2008年現在では大量生産する方法が確立されていないため、爆薬としての能力は推定でしかないが、HMXを僅かに上回る性能を持つと予想されている。

1999年にシカゴ大学フィリップ・イートンが初めて合成した。

オクタニトロキュバンは最期の8個目のニトロ基を導入するのにオゾン処理などの複雑な手順が必要であるため、オクタニトロキュバンよりは合成は容易である。 言い換えれば、これはオクタニトロキュバンの最後の手順を処理していない化合物でもある。