プロテアーゼ阻害剤 (生物学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生物学または生化学において、プロテアーゼ阻害剤(プロテアーゼそがいざい、protease inhibitors)は、プロテアーゼの機能を阻害する分子のことである。

医学では、よくα1-アンチトリプシン (A1AT) と同じ意味で使われる[1]。これは、A1ATは最も頻繁に病気に関わるプロテアーゼ阻害剤であるためである(α1-アンチトリプシン欠損症)。

分類[編集]

プロテアーゼ阻害剤は阻害するプロテアーゼの種類か、その機能する機構で分類することができる。2004年にローリングスらはアミノ酸配列の度合いで検出できる類似性をベースにしたプロテアーゼ阻害剤の分類法を導入した[2]。初め、この分類法により阻害剤の構造によって26のスーパーファミリーにグループ分けができる48ファミリーを特定した。MEROPSデータベースでは現在85ファミリーである。これらファミリーは I14 のように I の次に番号をつけて命名される。

化合物[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]