プリシラ・スーザン・ビューリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プリシラ・スーザン・ビューリー(Priscilla Susan Bury、結婚前の姓はフォークナー Falkner 、1799年1月12日 - 1872年3月8日)はイギリスの植物学者、植物画家である。

リバプールの豊かな商人の娘に生まれた。1830年に有名な鉄道技術者、エドワード・ビューリーと結婚した。アマチュア植物学者のウィリアム・ロスコー(William Roscoe)とともに働き、1831年から1834年の『六雄蕊植物選』(" A Selection of Hexandrian Plants")を出版した。版画の作成はジョン・ジェームズ・オーデュボンの著書でも版画作成を行った、ロドナー・ロバート・ヘイヴェル(Londoner Robert Havell)が担当した。『六雄蕊植物選』ではアクアチント(腐食銅版画法)が用いられ、350の植物については部分的な手彩色がなされた。大型フォリオ版のこの豪華本はおもにランカシャーで、79部しか売れなかったが、オーデュボンも購入者の一人だった。ビューリーは、ベンジャミン・マウンドの刊行物(植物雑誌)、"The Botanist"の図版も描いた。

ビューリーの植物画[編集]

参考文献[編集]

  • Brent Elliott (2001). Flora. Une histoire illustrée des fleurs de jardin. Delachaux et Niestlé (Lausanne) : 335 p.

Jump up