ジョン・ジェームズ・オーデュボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ジェームズ・オーデュボン

ジョン・ジェームズ・オーデュボン(John James Audubon, 1785年4月26日 - 1851年1月27日)はアメリカ合衆国の画家・鳥類研究家。北アメリカの鳥類を自然の生息環境の中で極めて写実的に描いた博物画集の傑作『アメリカの鳥類』(Birds of America, 1838年)によって知られる。

生涯[編集]

西インド諸島のフランス領サント・ドミンゴ島(現ハイチ)でフランス人小間使いである母のもとに生れるが、まもなく母と死別し、フランス人船長オーデュボンの養子となる。4歳のとき父とともにフランスに渡り、7歳から絵を習った。

18歳でアメリカに渡り、フィラデルフィアの近くにあった父の農場で仕事をしながら鳥の絵を描いた。やがてケンタッキーで雑貨屋を開くが、店の経営は共同経営者に任せきりで、アメリカ各地を旅して鳥の観察を続けた。1819年に借金のために債務者監獄に入れられ、破産を余儀なくされる。

1820年に北アメリカの鳥類を描いた画集の出版を思い付く。彼が絵を描きためる間、妻が教師をして家計を支えた。しかし画集はアメリカでは出版元が見つからず、オーデュボンは1826年にイギリスに渡る。

1827年から1838年にかけてイギリスで出版された『アメリカの鳥類』には、オーデュボンの水彩画を元にした435枚の彩色銅版画が収められた。標本を元にして描かれることの多かったそれまでの博物画と違い、この画集では生きた鳥が自然の生息環境の中で躍動的に描かれている。一羽一羽の鳥が実物大の大きさで描かれているのも大きな特色である。

オーデュボンは画集『アメリカの鳥類』の解説書として、スコットランド人の博物学者ウイリアム・マックジルヴレーとの共著『鳥類の生態』(Ornithological Biography, 1831年 - 1839年)も出版している。1839年にアメリカ合衆国に戻り、アメリカ版の『アメリカの鳥類』を出版した。

逸話[編集]

  • 『アメリカの鳥類』執筆中、すでに完成していた200枚ほどのスケッチをネズミに食いちぎられ、研究を諦めかけたことがある。

仕事で家を数か月留守にしている間に起こった出来事である。彼が語ったところによれば、しばらく茫然自失の状態に陥り、ベッドに伏せたままであったが、次第に力が湧きあがり、再び猛烈な勢いでスケッチを始めたとのこと[1]

日本語文献[編集]

  • スコット・R・サンダーズ編 『オーデュボンの自然誌』  

  (American Nature Library、西郷容子訳 宝島社 1994年)

  • コンスタンス・ルーアク 『オーデュボン伝 野鳥を描きつづけた生涯』  

  (大西直樹訳、平凡社 1993年)

  • クロード・シュベル 『伝記・オーデュボン 鳥を愛した男の生涯』     

  (幸田礼雅訳、阪急コミュニケーションズ 1990年)

  • ジャックリーヌ・デビース & メリッサ・スウィート 『鳥に魅せられた少年――少年オーデュボンの物語』  

  (小野原千鶴訳、樋口広芳日本語監修、小峰書店  2010年)

オーデュボンの博物画(画像集)[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 三笠書房 自助論 サミュエル・スマイルズ著、竹内均訳 P.38。西国立志編にも当然ながら同様の記述が見られる