ブラッド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッド
Rise:Blood Hunter
監督 セバスチャン・グティエレス
脚本 セバスチャン・グティエレス
製作 グレッグ・シャピロ
製作総指揮 カーステン・ロレンツ
ロブ・タバート
ジョー・ドレイク
ネイサン・カヘイン
出演者 ルーシー・リュー
マイケル・チクリス
カーラ・グギーノ
音楽 ネイサン・バー
撮影 ジョン・トール
編集 リサ・ブロムウェル
ロブ・サリヴァン
製作会社 ゴーストハウス・ピクチャーズ
デスティネーション・フィルムズ
マンデート・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズ
日本の旗 LIBERO
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年6月1日
日本の旗 2007年8月11日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2,850,927[1]
テンプレートを表示

ブラッド』( 原題:Rise:Blood Hunter ) は、2007年公開のアメリカ映画。R-15指定。

ストーリー[編集]

カルト集団の関係者・トリシアが何者かに惨殺された。 過去にトリシアを取材したことがあったLAウィークリーの記者セイディーは、トリシアの偽の電話番号を同僚のイーサンに調べてもらい、ある廃墟にたどり着く。しかし、不審な気配を察知しイーサンのアパートに来たところを何者かに拉致される。 気が付くとセイディーは椅子に縛られていた。部屋にはカルト教団のメンバーであるビショップと、ポー、イヴがいた。ビショップはイーサンの死体を見せた。 パニックに陥るセイディーの首をイヴは掻き切ると、そこからあふれ出る血を啜った。

その後、セイディーはロサンゼルスの検死所で目を覚ました。検死所を出たセイディーは自分の姿が鏡に映らないことに気付く。

同じころ、トリシアの父であるローリンズ刑事もまた、そのカルト集団を追っていた。

そして、ローリンズ刑事は、セイディーと出会い、カルト集団を壊滅させるために手を組むのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
セイディー・ブレイク ルーシー・リュー 朴ロ美
ローリンズ刑事 マイケル・チクリス 谷口節
イヴ カーラ・グギーノ 石塚理恵
ビショップ ジェームズ・ダーシー 宮内敦士
バーテンダー マリリン・マンソン 高瀬右光
ジェニー サミーア・アームストロング
ポー マコ岩松 浦山迅
ロイド ロバート・フォスター
トリシア マーゴ・ハーシュマン
アーチュロ ジュリオ・オスカー・メチョソ
ハリソン アラン・リッチ
コレット キャメロン・リチャードソン

脚注[編集]

外部リンク[編集]