ブラック・スワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・スワン
Black Swan
監督 ダーレン・アロノフスキー
脚本 マーク・ヘイマン
アンドレス・ハインツ
ジョン・J・マクローリン
原案 アンドレス・ハインツ
製作 スコット・フランクリン
マイク・メダヴォイ
アーノルド・メッサー
ブライアン・オリヴァー
製作総指揮 ジョン・アヴネット
ブラッド・フィッシャー
ピーター・フラックマン
アリ・ハンデル
ジェニファー・ロス
リック・シュウォーツ
タイラー・トンプソン
デヴィッド・スウェイツ
出演者 ナタリー・ポートマン
ヴァンサン・カッセル
ミラ・キュニス
音楽 クリント・マンセル
撮影 マシュー・リバティーク
編集 アンドリュー・ワイスブラム
製作会社 フェニックス・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
日本の旗 20世紀フォックス
公開 イタリアの旗 2010年9月1日
第67回ヴェネツィア国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2010年12月3日
日本の旗 2011年5月11日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
フランス語
製作費 $13,000,000[1]
興行収入 $106,954,678[1]アメリカ合衆国の旗カナダの旗
23.9億円[2]日本の旗
$329,398,046[1]世界の旗
テンプレートを表示

ブラック・スワン』(原題: Black Swan)は、ダーレン・アロノフスキー監督による2010年アメリカサイコスリラー映画である。日本ではR15+指定作品として公開された。

概要[編集]

バレエ『白鳥の湖』の主演に抜擢され、潔白な白鳥と官能的な黒鳥の二つを演じることになったバレリーナが、プレッシャーよって徐々に精神を壊してゆくサスペンス映画である。主演のバレリーナをナタリー・ポートマン、その振付師をヴァンサン・カッセル、ライバルのバレリーナをミラ・キュニスが演じる。

批評面、興行面共に成功を収め、第83回アカデミー賞では作品賞を含む5部門で候補に挙がった。主演のナタリー・ポートマンは約10kgの減量で身体作りをした。また、幼少期の経験を活かし、1年に渡る過酷なバレエの特訓を行い[3]アカデミー主演女優賞を始めとする多くの賞を受賞した。しかし、ポートマンのダンス・シーンは後にボディダブル絡みの論争を巻き起こすこととなった。

ナタリーが演じるニナの練習着のデザインは、ドイツ在住の日本人ダンサー兼デザイナーの竹島由美子が担当した[4]

物語[編集]

ニナ(ナタリー・ポートマン)は、ニューヨークのある一流バレエ団に所属し、バレリーナとして人生の全てをバレエに捧げる日々を送っている。一緒に住む母親エリカ(バーバラ・ハーシー)は元バレリーナで、今では絵画を描く日々を送っているが、自分が果たせなかったバレリーナとしてのをニナに託すステージママとなっており、彼女に対して過剰な程の愛情を注いでいる。

ニナの所属するバレエ団は次の公演『白鳥の湖』の上演準備に入り、バレエ団のフランス人監督トマ(ヴァンサン・カッセル)はこの演目のプリマ主役)を選ぼうとしていた。『白鳥の湖』の主役「白鳥の女王」は、純真で無垢な「白鳥」と、官能的で邪悪な「黒鳥」の二役を一人で踊るため、相反する事柄を一人で表現する実力が必要である。トマスは年をとったプリマバレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を白鳥の女王役には用いず、新人のリリー(ミラ・キュニス)やヴェロニカ(クセニア・ソロ)、そしてニナを候補者に挙げ、ニナにプリマとなる機会が巡ってくる。

然し、ニナの生真面目で几帳面な気性は白鳥役には向いていたが、黒鳥を表現しきれず、トマはヴェロニカを主役に選ぼうとする。ニナは再考を懇願しに監督のところへ行くと、トマに突然キスをされ、ニナは思わず彼のを噛んでしまう。ニナに意外な面があることに気付いたトマスは考えを翻し、ニナを主役に抜擢する。バレエ団は次の公演のためにレセプションを開き、トマはバレエ団のプリマバレリーナだったベスの引退を発表し、さらにその場でニナを新しいスターとして招待客に紹介した。

ニナは華々しいデビューを飾るが、ロビーでトマを待っていたところにベスが現れ、トマを性的に誘惑してプリマバレリーナの座を得たのだろうと詰られ、ショックを受ける。その後、トマのアパートに招待された彼女は、黒鳥を演じるために性的な喜びを追求することが必要だと忠告を受ける。

次の日から過酷な練習が始まるが、ニナは性的に魅了するような情熱に欠けているとトマに責められ、やがて精神的に疲れ幻覚妄想に悩まされるようになり、代役として控えているリリーが、自分がせっかく射止めた主役の座を奪おうとしているようにも思えてならなくなってくる。

ある夜、ニナは母親のエリカと諍いを起こし、リリーに誘われクラブへと飲みに出かける。酔った勢いでニナは麻薬を使い、男性と性行為に興じる。その後ニナとリリーはニナのアパートに帰ったが、また母親と言い争いになってしまう。ニナはリリーと二人だけで自分の部屋に閉じ篭り、リリーと性行為に耽り、やがて寝込んでしまう。翌朝ニナが目を覚ますと彼女は一人で、一緒に居るはずのリリーはどこにも居なかった。練習場に駆けつけてみると、その練習はリリーが白鳥の女王役を踊る形で始まっていた。ニナはリリーに対して、なぜ起こしてくれなかったのかと怒りをぶちまけるが、リリーは昨晩はクラブで出会った男性と一夜を過ごしたと言う。アパートでの二人の出来事はニナの妄想であった。

ニナの幻覚や妄想は日増しに酷くなり、『白鳥の湖』の開演を翌日に控えた前夜、監督トマと舞台裏でセックスをしているリリーが徐々にニナ自身に変身して行くと云う幻覚症状に襲われる。帰宅後も母親が描いた数多くのが自分のことを嘲笑っているよう見えてしまう。更に自分の身体までも鵞鳥のように変化すると、遂にニナは気を失って倒れてしまう。

いよいよ公演が始まる日の夕方ニナが目覚めると、体調を崩し舞台に出られないと劇場に連絡した、と母に告げられる。然しニナは母を乱暴に振り切り、劇場へ向かう。劇場ではリリーが白鳥の女王を踊る準備を進めていた。ニナはそんな経緯を無視し、「代役は不要」とトマに告げると白鳥として踊る準備を整えた。

第一幕は順調に滑り出したかに見えたが、やがてニナは幻覚を見始め、仕舞いには王子役のバレエダンサーがニナを受け損ない落としてしまう。すっかり憔悴して楽屋に戻ると、其処には黒鳥の化粧をしているリリーの姿があった。そして眼前でリリーがニナ自身の姿へと変容する幻覚を見ながら、彼女と揉みあいになり、割れた硝子一片でリリーを刺殺してしまう。ニナはリリーの死体を隠し、第三幕を踊るため、黒鳥として舞台に登場した。

ニナはまるで身も心も黒鳥となったかのように、情熱的にそして官能的に踊り、観客は総立ちで拍手をしてニナを褒め称えた。舞台を下りると、ニナはトマと抱き合い口付けを交わす。然しニナが楽屋で待機していると、そこにニナの踊りに感動したリリーが激励の言葉をかけに現れた。この時、ニナはリリーと争ったことは現実ではなく幻覚だったこと、鏡の破片で刺したのもリリーではなく、自分自身だったということに気付く。

第四幕(最後幕)舞台が始まり、ニナは結末を完璧に躍りこなした。最後の白鳥が崖から跳び下りて自らの命を絶つ場面を演じながら、ニナは観客の中に母がいて感動してすすり泣いていることに気付いた。観客はまた総立ちになり劇場全体に割れんばかりの拍手が響き渡った。観客席が感動に包まれ、トマもニナを褒め称えて抱き上げるが、ニナの腹部からは大量の血が滲み出していた。完璧なバレエを舞いきったニナは、恍惚とした表情で宙を見上げるが、その視界は徐々に白んで行くのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ニナ・セイヤーズ ナタリー・ポートマン 坂本真綾
トマ・ルロイ ヴァンサン・カッセル 森田順平
リリー ミラ・キュニス 小松由佳
エリカ・セイヤーズ バーバラ・ハーシー 竹口安芸子
ベス・マッキンタイア ウィノナ・ライダー 園崎未恵
デヴィッド ベンジャミン・ミルピエ
ベロニカ クセニア・ソロ 浅井清己
ガリナ クリスティーナ・アナパウ 小林希唯
アンドリュー セバスチャン・スタン 川野剛稔
トム トビー・ヘミングウェイ

製作・背景[編集]

構想[編集]

アロノフスキー監督は多数の『白鳥の湖』関連作品を鑑賞し、そして白鳥と黒鳥の二重性を脚本に関連づけた[5]

アロノフスキーは、『レスラー』と『ブラック・スワン』は元々一つの企画であったことから、これらを姉妹編と呼んでいる。彼は結局、「一つの映画にするにはあまりに多い」ため、レスリングとバレエの世界を切り離した。彼は2本の映画を比較し、「ある者はレスリングは最低の芸術と言い、またある者はバレエを最高の芸術と呼ぶ。しかし、私にとって驚くべきことは、これらの世界両方のパフォーマーがいかに似通っているかである。どちらでも、パフォーマー自身の身体を信じられないほど使って何かを表現している」と語った[6]。『ブラック・スワン』のサイコスリラー的な面について、女優のナタリー・ポートマンは、ロマン・ポランスキーの1969年の映画『ローズマリーの赤ちゃん』と比較した[7]が、アロノフスキーはポランスキーの『反撥』(1965年)と『テナント/恐怖を借りた男』(1976年)が最終的に映画に「大きな影響」があると語った[6]。また、俳優のヴァンサン・カッセルは、ポランスキーの初期作品、さらに、デヴィッド・クローネンバーグの初期作品と『ブラック・スワン』を比較した[8]

2010年、アロノフスキーは1998年のアニメ映画パーフェクトブルー』と『ブラック・スワン』の類似性を指摘されたが、影響は無いと述べている[9]。アロノフスキーは以前、『レクイエム・フォー・ドリーム』でバスタブのシーンを再創造するために『パーフェクトブルー』のリメイク権を購入し、また2001年に同映画の監督である今敏と対談を行っていた[10]。また今敏死後に発売された書籍『今敏アニメ全仕事』に哀悼のコメントを寄せている。

企画と撮影[編集]

A three-quarters view of a large grey building—the State University of New York at Purchase Performing Arts Center
撮影が行われたニューヨーク州立大学パーチェス校の演技芸術センター。

脚本がまだ執筆されていない2000年頃、アロノフスキーとポートマンは初めてバレエ映画について議論をした[6]。アロノフスキーは競合するバレエダンサーとのラブシーンに関してポートマンに話し、そして彼女は「私は、この映画がとても多くの方法で自分ともう一人の自分への芸術家のエゴとナルシズム的なかなりの魅力を探究していて、それが非常におもしろいと思った」と振り返っている[11]。アロノフスキーが『ブラック・スワン』の詳細なアウトラインをユニバーサル・ピクチャーズに提案した2007年1月、スタジオはプロジェクトを企画第一段階へと進めた[12]。プロジェクトは同スタジオではまとまらず、そしてアロノフスキーは代わりに『レスラー』を撮った。2008年に『レスラー』を撮り終えた後、彼はマーク・ヘイマンに『ブラック・スワン』を執筆するように依頼した[6]。2009年6月までにユニバーサルはプロジェクトをターンアラウンドに置くが、ポートマンが主演することは決まっていたため、他のスタジオと専門部門から注目を浴びた[13]。『ブラック・スワン』はプロトゾア・ピクチャーズとオーバーナイト・プロダクションズの融資提供の下で企画が進められた。2009年7月、キュニスの出演が決まった[14]

フォックス・サーチライト・ピクチャーズは『ブラック・スワン』が配給し、1000万から1200万ドルの製作予算を与える。主要撮影はスーパー16mmカメラを使って行われ、ニューヨーク市で2009年の終わりに向けて始まった[15][16]。撮影の一部はニューヨーク州立大学パーチェス校の演技芸術センターで行われた[5]。アロノフスキーは『レスラー』と同じく、ミュート・パレットと粗粒子を用いて『ブラック・スワン』を撮影した[17]

衣裳デザイン論争[編集]

エイミー・ウェストコットは、衣裳デザイナーとしてクレジットされ、いくつもの賞でノミネートを受けたが、ポートマンや他のダンサーの40ものバレエ衣裳をデザインした人物に関して論争が生じた。イギリスの『インデペンデント』紙の記事によると、これらの衣裳は実際にはロダルテのケイト・ミュラヴィーとローラ・ミュラヴィーの姉妹がデザインしたのだという[18]。ウェストコットはその記事に反論し、ブラック、ホワイト・スワンの衣裳は全部で7つであり、ロダルテとウェストコットとアロノフスキーとの3者で共同で作成したことを明らかにした。また、バレエ団の衣装はザック・ブラウン(アメリカンバレエシアター)がデザインし、ウェストコットと彼女の衣装デザイン部が少し手を加えた。ウェストコットは「この論争は、映画がどれくらい良くできているかわかった後になってクレジットに関して文句を言い、自らのリソースを使って宣伝してくる2人に対する賞賛の言葉である」と述べた[19]

ダンス・ダブル論争[編集]

ABTのダンサーのサラ・レーンは、本作でポートマンの「ダンス・ダブル」を務めている[20]。『ダンス・マガジン』編集長のウェンディ・ペロンで3月3日付のブログ・エントリーにて、「貴方はバレリーナになるにはほんの1年で済むと本当に信じていますか。私たちは、ナタリー・ポートマンが子供の頃にバレエを習い、フィルムのために1年間の集中教育を受けていたのを知っていますが、それだけではバレリーナにはなれません。しかしながら多くの人々が、ポートマンが自分自身で『ブラック・スワン』で踊ったと信じているように思えます。」と述べた[21][22]。ダンスシーンの大部分が吹き替えである(にもかかわらずサラの名前はエキストラ扱いでしかクレジットされていない)とする彼女や後のサラ・レーンの発言に対し、バンジャマン・ミルピエとアロノフスキーらは、難しい場面以外は自分で踊っているとしてポートマンを擁護する形で反論した[23][24][25]

サウンドトラック[編集]

ブラック・スワン
オリジナル・サウンドトラック
Black Swan: Original Motion Picture Soundtrack
クリント・マンセルサウンドトラック
リリース 2010年11月30日 (2010-11-30)
録音 2010年[26]
ジャンル 現代音楽
時間 52:38
レーベル アメリカ合衆国の旗 Sony Masterworks
日本の旗 ソニー・ミュージックエンタテインメント
クリント・マンセル 年表
ファースター 怒りの銃弾
(2010年)
ブラック・スワン
(2010年)
テンプレートを表示

ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック』(Black Swan: Original Motion Picture Soundtrack)のタイトルで発売。イギリスの作曲家であるクリント・マンセルが手掛けた。アロノフスキーとマンセルは今回で5回目のコラボレーションである。マンセルは、チャイコフスキーのバレエ音楽に基づいて映画音楽を作曲したが[27]、音楽を根本的に変更するのを試みた[28]。チャイコフスキーの音楽を用いているため、第83回アカデミー賞作曲賞ではノミネート資格が無しとされた[29]

また、映画ではケミカル・ブラザーズによる音楽がいくつか使われたが、本サウンドトラックには入らなかった[30]

トラックリスト
# タイトル 時間
1. 「ニナの夢
Nina's Dream」  
2:48
2. 「母鳥の餌付け
Mother Me」  
1:06
3. 「新シーズンに向けて
The New Season」  
2:39
4. 「ベスの楽屋
A Room of Her Own」  
1:56
5. 「キャスト発表
A New Swan Queen」  
3:28
6. 「殻を破るために
Lose Yourself」  
2:08
7. 「堕ちた白鳥
Cruel Mistress」  
3:29
8. 「誘惑のレッスン
Power, Seduction, Cries」  
1:42
9. 「プリマを狙うリリー
The Double」  
2:20
10. 「真逆同士の愛
Opposites Attract」  
3:45
11. 「初日前夜の悪夢
Night of Terror」  
8:01
12. 「生え変わる羽
Stumbled Beginnings...」  
3:51
13. 「私こそ白鳥
It's My Time」  
1:30
14. 「白鳥誕生
A Swan Is Born」  
1:38
15. 「完璧な飛翔
Perfection」  
5:45
16. 「白鳥の歌(ニナに捧ぐ)
A Swan Song (For Nina)」  
6:23
合計時間:
52:38

[31]

公開[編集]

Natalie Portman looks to the camera's left, smiling
2010年のトロント国際映画祭のプレミアでのポートマン。

ワールド・プレミアは、第67回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング上映で行われた[32]。映画祭のアーティスティック・ディレクターであるマルコ・ミューラーは『ラスト・ターゲット』(ジョージクルーニー主演)ではなく『ブラック・スワン』をオープニング作品に選んだことに関して、「それはちょうど良いフィット感でした。クルーニーは素晴らしい俳優であり、彼はいつもヴェネツィアで歓迎される。しかし、これはそれと同様に単純なことでした。」と語った[33]。アロノフスキーの作品がヴェネツィア国際映画祭で上映されるのは、『ファウンテン 永遠につづく愛』、『レスラー』に続いて3本連続である[34]。この他に、テルライド映画祭[35]トロント国際映画祭[36][37]ニューオーリンズ映画祭[38]オースティン映画祭[39]ロンドン映画祭[40]などで上映された。

イギリスの『ブラック・スワン』の公開日は2011年2月11日から1月21日まで早められた。『インデペンデント』紙によると、本作は2010年後半で「最も期待された」作品の1つであると考えられていた。そして同紙新聞は1984年の『赤い靴』と比較した[41]

日本では2011年5月11日(水曜日)に20世紀フォックスの配給で公開された。 当初はTOHOシネマズシャンテでの小規模公開を予定していたが、ナタリーポートマンのアカデミー賞受賞を受けてTOHOシネマズ日劇に変更して全国拡大公開した。

ホームメディア[編集]

2011年3月29日にリージョン1とリージョンAのDVDBlu-ray Discが発売された[42]。リージョン2とリージョンBは同年5月16日に発売された[43]。日本では、DVDとBlu-ray Discのセットが同年9月7日に発売された。

評価[編集]

興行収入[編集]

2010年12月3日にアメリカとカナダの一般劇場18館で限定公開された。公開日には全館で41万5822ドル、一館あたり平均2万3101ドルを売り上げた[44]。公開初週末には全館で144万3809ドル、一館あたり平均8万212ドルを売り上げた。この一館あたりの平均興行収入は、2010年公開作品では『英国王のスピーチ』に次いで2番目位に高い記録で[45]フォックス・サーチライト作品としては最高で、歴代全作品でも21位である[46][47]。2週目の週末には90館まで拡大され、約330万ドルを売り上げて興行収入ランキングで6位となった[48]。3週目の週末には、さらに959館までに拡大され、838万3479ドルを売り上げた。 2011年5月現在、興行収入は北アメリカで累計1億ドル以上、世界中で3億ドル以上に達している[1]

日本で2011年9月14日に発売されたDVDとBlu-rayが、発売初週にDVDが9000枚、BDが1万3000枚売り上げ、オリコン週間ランキングでDVD&BD共に総合首位となった[49]

批評家の反応[編集]

Scott Franklin, Mila Kunis, Vincent Cassel, Darren Aronofsky, and a moderator stand on a stage with a golden curtain backdrop wearing formal attire and discussing Black Swan
BFIロンドン映画祭で『ブラック・スワン』について議論するキャストとスタッフ(左からプロデューサーのスコット・フランクリン、俳優のミラ・キュニス、ヴァンサン・カッセル、監督のダーレン・アロノフスキー)。

本作は批評家からは概ね好反応を得た[50]Rotten Tomatoesでは255名の批評家のうち88%が好意的な評価を下し、平均点は10点満点で8.2点となった[50]Metacriticでは42名の批評家レビューに基づいて平均点は79点を獲得した[51]

2010年9月、『エンターテインメント・ウィークリー』は、ヴェネツィア国際映画祭でのスクリーニグに基づき、「『ブラック・スワン』は今年最も愛されるかまたは最も嫌われる映画の1つ」と報じた[52]。またロイターは、ポートマンの演技が高く称賛されたこともあり、映画への初期評価が「とても好意的である」と記述した[53]。『シドニー・モーニング・ヘラルド』は「この映画は批評家を二分した。いくらかは芝居の腹立たしく感じていたが、ほとんどはそれを「一掃」した」と報じた[54]

A line outside the entrance to the 2010 Venice International Film Festival with flags of several countries waving above the door
『ブラック・スワン』は第67回ヴェネツィア国際映画祭で上映された。アロノフスキーの作品が同映画祭で上映されるのは本作で3回連続となる。コンペティション部門で争い、ミラ・キュニスがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞した。

『リーゾン』誌のカート・ローダーは、映画が「素晴らしく気味が悪い」と言い、「完全に満足させない。しかし、それは監督の普通の創造的な生気で煎じられ、すばらしく暗くてきらりと光る外観がある」と記した[55]。『スクリーン・デイリー』のマイク・グッドリッジは「不安と爽快が交互にある」と言い、『愛と喝采の日々』とポランスキーの『反撥』と『ローズマリーの赤ちゃん』のハイブリッドであると記述した。グッドリッジは、ポートマンを始め、脇役のカッセル、キュニス、ハーシーの演技を賞賛し、特に「絶望的、そして、嫉妬している母親」の役割であるハーシーをルース・ゴードンと比較した[56]

受賞歴[編集]

第67回ヴェネツィア国際映画祭ではミラ・キュニスマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞した[57]

ゴールデングローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、主演女優賞(ドラマ部門)、助演女優賞、監督賞にノミネートされている。その他にも多数の映画賞を受賞及びノミネートされている。

アカデミー賞ではナタリー・ポートマン主演女優賞を受賞した。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Black Swan (2010)”. Box Office Mojo. 2011年12月12日閲覧。
  2. ^ 2011年度(平成23年)興収10億円以上番組(平成24年1月発表)一般社団法人 日本映画製作者連盟 2012年1月26日発表
  3. ^ ナタリー・ポートマンのバレエを絶賛!ダーレン・アロノフスキー監督「彼女は1年前から練習していた」”. シネマトゥデイ (2010年11月20日). 2010年11月21日閲覧。
  4. ^ “「ブラック・スワン」 N・ポートマンの衣装をデザインしたのは日本人”. 映画.com. (2011年2月16日). http://eiga.com/news/20110216/2/ 2011年5月8日閲覧。 
  5. ^ a b Wloszczyna, Susan (2010年7月22日). “'Black Swan' stars step deftly into roles”. USA Today. オリジナル2010年8月21日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5s9abMWwQ 
  6. ^ a b c d Ditzian, Eric (2010年8月30日). “'Black Swan' Director Darren Aronofsky On Ballet, Natalie Portman And Lesbian Kisses”. MTV Movies Blog (MTV). オリジナル2010年8月30日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sNCB5EQT 
  7. ^ Wigler, Josh (2010年8月5日). “Natalie Portman Likens 'Black Swan' To 'Rosemary's Baby' In Terms Of Tone”. MTV Movies Blog (MTV). オリジナル2010年8月6日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5rlueS6jv 2010年8月6日閲覧。 
  8. ^ Buchanan, Kyle (2010年8月26日). “Vincent Cassel on Mesrine, Black Swan, and Acting”. Movieline. オリジナル2010年8月28日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sK8q2fXY 
  9. ^ Aronofsky Q+A, Filmadelphia
  10. ^ VSダーレン, konstone.s-kon.net, (2001-01-18), http://konstone.s-kon.net/modules/notebook/archives/60 2011年5月11日閲覧。 
  11. ^ Collett-White, Mike (2010年9月1日). “Natalie Portman takes a dark turn in Venice film”. reuters.com (Reuters). オリジナル2010年9月1日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sQAFww5o 
  12. ^ Fleming, Michael (2007-01-19). “U springs for 'Swan'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117957718.html?categoryid=13&cs=1 2009年12月11日閲覧。. 
  13. ^ Zeitchik, Steven (2009-06-15). “Natalie Portman to sing 'Swan' song”. The Hollywood Reporter. 
  14. ^ Zeitchik, Steven (2009-07-26). “Mila Kunis hunts 'Black Swan'”. The Hollywood Reporter. 
  15. ^ http://www.imago.org/index.php?new=343 Retrieved 6 March 2011
  16. ^ Zeitchik, Steven (2009-11-09). “Searchlight could sing 'Swan's' song”. The Hollywood Reporter. 
  17. ^ Barry, Colleen (2010年9月1日). “'Black Swan' opens Venice Film Festival”. The Huffington Post. オリジナル2010年9月1日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sQGLcLbm 
  18. ^ Mesure, Susie (2011年1月23日). “Feathers ruffled over Black Swan”. The Independent. 2011年1月30日閲覧。
  19. ^ Laverty, Chris (2011年1月28日). “Black Swan: Amy Westcott Interview”. Clothes On Film. 2011年1月30日閲覧。
  20. ^ Fuhrer, Margaret (2010年3月). “Ballet All Over: Big Names in Black Swan. Pointe Magazine (Macfadden Performing Arts Media). http://pointemagazine.com/issues/aprilmay-2010/call-board 2011年5月11日閲覧。 
  21. ^ Farley, Christopher (2011年3月26日). “Natalie Portman’s ‘Black Swan’ Dance Double Says She Deserves More Credit”. The Wall Street Journal. 2011年3月30日閲覧。
  22. ^ Perron, Wendy (2011年3月3日). “Is There a Blackout on Black Swan’s Dancing?”. Dance Magazine. 2011年3月30日閲覧。
  23. ^ Lenihan, Jean. “Choreographer Benjamin Millepied on life after 'Black Swan'”. Los Angeles Times. 2011年3月23日閲覧。
  24. ^ Perron, Wendy (2011年3月11日). “Putting the Black Swan Blackout in Context”. Dance Magazine. 2011年3月26日閲覧。
  25. ^ Darren Aronofsky Defends Natalie Portman's "Black Swan" Dancing”. Worstpreviews.com. 2011年3月29日閲覧。
  26. ^ Clint Mansell Interview”. Clash (2009年12月21日). 2010年12月12日閲覧。
  27. ^ Rich, Katey (2010年12月2日). “Interview: Darren Aronofsky On Music, Scares And Gender In Black Swan”. Cinema Blend. 2010年12月2日閲覧。
  28. ^ Wright, James (2009年12月17日). “Clint Mansell interview”. Independent Film Channel. 2010年12月12日閲覧。
  29. ^ Academy nixes four score contenders”. Variety (2010年12月21日). 2010年12月24日閲覧。
  30. ^ Chemical Brothers pen new songs for "Black Swan"”. British Music Guide. 2010年12月24日閲覧。
  31. ^ Academy nixes four score contenders”. Variety (2010年12月21日). 2010年12月24日閲覧。
  32. ^ ナタリー・ポートマンが体当たり演技に挑んだ新作『ブラック・スワン』にヴェネチアが沸く!【第67回ヴェネチア国際映画祭】”. シネマトゥデイ (2010年9月2日). 2010年11月21日閲覧。
  33. ^ Lyman, Eric J. (2010-08-25). “Venice Fest looks to re-energize”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/world/news/e3i7666b0f98579502179be93baa1cf8ca7. 
  34. ^ Lyman, Eric J. (2010-07-22). “Aronofsky's 'Black Swan' to open Venice fest”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i4c15c030a696fa142f87203f980fdbe3. 
  35. ^ Scott, A. O. (2010年9月6日). “Movies, Mountains and High Hopes”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/09/07/movies/07telluride.html 2010年9月6日閲覧。 
  36. ^ Knegt, Peter (2010年7月27日). “Toronto Sets Over 50 Titles For 2010 Fest”. indiewire.com (Moviefone). オリジナル2010年8月30日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sNQy5fZb 
  37. ^ Evans, Ian (2010), “Black Swan - Toronto International Film Festival premiere coverage”, DigitalHit.com, http://www.digitalhit.com/galleries/38/564/ 2010年11月17日閲覧。 
  38. ^ Scott, Mike (2010年8月30日). “'Welcome to the Rileys' to open 2010 New Orleans Film Festival”. The Times-Picayune. オリジナル2010年8月30日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sNQvQvQq 
  39. ^ “'Black Swan,' '127 Hours' to Austin Fest”. The Hollywood Reporter. (2010-09-21). http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/film/news/e3i430e0ec60c443f0952c90ea3cf7941eb. 
  40. ^ Gritten, David (2010年10月25日). “The London Film Festival is flourishing”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/film/film-news/8080740/The-London-Film-Festival-is-flourishing.html 
  41. ^ Hughes, Sarah (2010年8月27日). “Darkness and despair: that's dance on screen”. The Independent. オリジナル2010年8月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sK8qJAKq 
  42. ^ Black Swan Blu-ray Release Date and Details”. www.thehdroom.com (2011年2月28日). 2011年2月28日閲覧。
  43. ^ http://www.amazon.co.uk/gp/product/B004I5C3UI/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=1634&creative=19450&creativeASIN=B004I5C3UI&linkCode=as2&tag=10000010-21
  44. ^ Daily Box Office for Friday, December 3, 2010”. Box Office Mojo. IMDb (2010年12月6日). 2010年12月6日閲覧。
  45. ^ Young, John (2010年12月5日). “Box office report: 'Tangled' wins slow weekend with $21.5 mil”. Entertainment Weekly. 2010年12月8日閲覧。
  46. ^ Subers, Ray (2010年12月6日). “Arthouse Audit: Black Swan Soars”. Box Office Mojo. 2010年12月7日閲覧。
  47. ^ Top Opening Weekend Theater Averages”. Box Office Mojo. IMDb. 2011年5月11日閲覧。
  48. ^ Gray, Brandon (2010年12月13日). “Weekend Report: 'Narnia' Fails to Tread Water, 'Tourist' Trips”. Box Office Mojo. 2010年12月19日閲覧。
  49. ^ ブラックスワン : ナタリー・ポートマン主演作のBDとDVDが2冠を達成 オリコン”. 毎日新聞 (2011年9月14日). 2011年12月12日閲覧。
  50. ^ a b Black Swan Movie reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. 2010年12月11日閲覧。
  51. ^ Black Swan: Fox Searchlight Pictures”. Metacritic. 2010年12月11日閲覧。
  52. ^ Markovitz, Adam (2010年9月2日). “Is Darren Aronofsky's 'Black Swan' a masterpiece? Early buzz from the Venice Film Festival”. オリジナル2010年9月2日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sRp5nJdF 
  53. ^ Collett-White, Mike (2010年9月2日). “Natalie Portman Earns Early Awards Buzz for Ballet Drama”. abcnews.go.com (Reuters). オリジナル2010年9月2日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sS8cunbN 
  54. ^ Bunbury, Stephanie (2010年9月5日). “Venice's red carpet fades but movie magic shines bright”. Sydney Morning Herald. オリジナル2010年9月5日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5sUuIEdIc 
  55. ^ Loder, Kurt (2010年12月2日). “Black Swan”. Reason. http://reason.com/archives/2010/12/02/black-swan 2011年5月11日閲覧。 
  56. ^ Goodridge, Mike (2010年9月1日). “Black Swan”. Screen Daily. http://www.screendaily.com/reviews/latest-reviews/-black-swan/5017589.article 2010年9月1日閲覧。 
  57. ^ Lyman, Eric J. (2010-09-11). “Sofia Coppola wins Venice's Golden Lion”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/hr/content_display/awards/news/e3iafc531ef3af052c7a3515426f451518d. 

外部リンク[編集]