フレアー法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フレアー法(フレアーほう、: fluid attenuated IR, FLAIR)は、核磁気共鳴画像法 (MRI) において、反転回復法 (IR) における反転時間 (TI) をCSFcerebrospinal fluid、脳脊髄液)の磁化がゼロ点を通る時間(2000ミリ秒程度)に設定してCSF信号を抑制する撮像法である。TRを長く取る必要があるため(撮影時間が長くなるので)かつてのIR法では用いられなかったが、FastSE法を採用したturbo-FLAIR法などにより実用化した。繰り返し時(5000ミリ秒程度)に比べて反転時間が長いが、シーケンスデザインの工夫により、十分なマルチスライスが得られるようになった。T2強調画像においてCSFと区別しにくい高信号病変や、くも膜下出血の診断、病変と脳室との境界の判別に有効であるとされている。

関連項目[編集]