フランデレンの獅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
De Vlaamse Leeuw
和訳例:フランデレンの獅子
楽譜
楽譜

地域歌の対象
フランデレン地域

作詞 Hippolyte Jan Van Peenen(1947年7月)
作曲 Karel Miry(1947年7月)
採用時期 1973年7月6日
試聴
テンプレートを表示

フランデレンの獅子」(フランデレンのしし、De Vlaamse leeuw)は、ベルギーフランデレン地域の地域歌である。

作曲[編集]

1847年7月に、Hippolyte Jan Van Peenen(1811年 - 1864年)によって作詞され、Karel Miry(1823年 - 1899年)が作曲した。

フランデレンの獅子は、「strijdlied」(フランス国歌のもととなった「ラ・マルセイエーズ」と同じ「愛国的戦闘歌」)の一種である。1302年7月11日に起こった、フランドル独立を守った金拍車の戦いを歌っている。

1900年頃、この歌はフランデレンの兵隊の間で一般的だった。1973年7月6日に最初の2章の歌詞がフランデレンの公式な聖歌と定められ、正式な歌詞と楽譜1985年7月11日に発表された。

歌詞[編集]

オランダ語[編集]

Zij zullen hem niet temmen, de fiere Vlaamse Leeuw,
Al dreigen zij zijn vrijheid met kluisters en geschreeuw.
Zij zullen hem niet temmen, zolang een Vlaming leeft,
Zolang de Leeuw kan klauwen, zolang hij tanden heeft.
Chorus:
Zij zullen hem niet temmen, zolang een Vlaming leeft,
Zolang de Leeuw kan klauwen, zolang hij tanden heeft.
De tijd verslindt de steden, geen tronen blijven staan:
De legerbenden sneven, een volk zal nooit vergaan.
De vijand trekt te velde, omringd van doodsgevaar.
Wij lachen met zijn woede, de Vlaamse Leeuw is daar.
Chorus

上記の2章が公式の機会で歌われる。

Hij strijdt nu duizend jaren voor vrijheid, land en God;
En nog zijn zijne krachten in al haar jeugdgenot.
Als zij hem machteloos denken en tergen met een schop,
Dan richt hij zich bedreigend en vrees'lijk voor hen op.
Chorus
Wee hem, de onbezonnen', die vals en vol verraad,
De Vlaamse Leeuw komt strelen en trouweloos hem slaat.
Geen enkle handbeweging die hij uit 't oog verliest:
En voelt hij zich getroffen, hij stelt zijn maan en briest.
Chorus
Het wraaksein is gegeven, hij is hun tergen moe;
Met vuur in't oog, met woede springt hij den vijand toe.
Hij scheurt, vernielt, verplettert, bedekt met bloed en slijk
En zegepralend grijnst hij op's vijands trillend lijk.
Chorus

日本語訳[編集]

英語訳を翻訳したもの。

誇り高きフラマンの獅子は何者にも服従しない
たとえ彼の自由が足枷と叫び声で脅されても
フラマンの獅子が生きている限り何者も彼を飼いならすことは出来ない
獅子が引っ掻く限り、彼が歯を持つ限り
"コーラス"
誰も彼を飼いならすことは出来ない
フラマンの獅子が生きている限り、引っ掻く限り、歯を持つ限り
時は街を破滅させ、どのような権力も永遠に続くことは無い
軍隊は衰えるが、人々は永遠に死ぬことは無い
敵はやって来る;死すべき危険に囲まれた
しかし私たちは笑う;フラマンの獅子が此処に居るのだ!
"コーラス"

"3番以降(公式歌には設定されていない)"

1000年を自由、土地、神の為に闘って来た
そして彼は永遠の若さと共に強い
誰かが彼を無力だと思い、嘲りと共に蹴ったならば
脅威・恐怖を彼が生み出す
"コーラス"
哀れで愚かなもの、騙しを行い裏切りの者が
不誠実にフラマンの獅子に近づく
獅子は全てを見透かしている
もし獅子の機嫌を損ねれば、鬣を振り雄叫びを上げる
"コーラス"
復讐の時は来た
目に火を讃え、怒りと共に敵へ飛びかかる
切り裂く、破壊する、潰す、血と泥で覆い尽くす
震える敵の死体を見て勝利の微笑をする
"コーラス"

関連項目[編集]

出典、外部リンク[編集]