フランティシェク・ヴァーツラフ・ミーチャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランティシェク・アントニーン・ヴァーツラフ・ミーチャFrantišek Antonín Václav Míča, 1694年9月5日 トレビッチ - 1744年2月15日 ヤルメリッツ)はチェコ人のオペラ指揮者作曲家1722年よりヤルメリッツで宮廷楽長を務め、ハプスブルク家の皇族のために数々のオペラを指揮した。

5つの歌劇のなかでも最も重要なのは、1730年チェコ語イタリア語の台本に作曲された《ヤロメリッツの起源について O původu Jaroměřic 》であろう。その他に、(オラトリオというべき)聖墳墓のためのカンタータAbgesungene Betrachtungen über Etwelche Geheimnüsse des büttern Leyden und Sterben Jesu Khristij 》がある。

かつて彼の作品と推定された交響曲は、現在では甥フランティシェク・アダム・ミーチャの作品であったと信じられるようになった。

関連事項・外部リンク[編集]