フラッシュバック・キラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラッシュバック・キラー
Zyzzyx Road
監督 ジョン・ペニー英語版
脚本 ジョン・ペニー
製作 ジョン・ペニー
レオ・グリロ英語版
出演者 レオ・グリロ
キャサリン・ハイグル
トム・サイズモア
音楽 ライアン・ビヴァリッジ
撮影 デヴィッド・クライン
編集 ジョセフ・グトウスキー
配給 アメリカ合衆国の旗 Zzyzx LLC
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年2月25日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,300,000[1]
興行収入 $30[2]
テンプレートを表示

フラッシュバック・キラー』(原題: Zyzzyx Road)は、2006年アメリカ合衆国で公開されたスリラー映画。日本では劇場公開されなかったが、2011年4月22日にDVDがレンタルされた(発売はされていない)。また2014年4月6日には、テレビ東京『サタシネ』にて地上波初放送となった。

ストーリー[編集]

投機に失敗した中年会計士のグラントは一攫千金を狙ってラスベガスを訪れ、コールガールのマリッサと出会う。が、それが彼の悪夢の始まりだった。グラントがマリッサとモーテルの一室にいるところに突然、ナイフを持ったマリッサの元恋人・ジョーイが乱入、グラントはもみあった末に彼を殴り殺してしまう。二人は事件を隠蔽するため、死体を車のトランクに乗せて夜道を荒野へ向かうが、死体を埋める穴を掘った後でトランクを開けると、あるはずの死体が消えていた。ジョーイは生きていたのだ。彼は闇に隠れて二人に復讐しようと襲ってくる。 グラントはジョーイを探し出しとどめを刺そうとするが、彼はグラントに衝撃的な告白をする。マリッサは実は恐ろしい化物なので殺さなければならないというのだ。ジョーイの話は果たして事実なのか。

キャスト[編集]

興行収入[編集]

本作の初週興行収入はたったの「20ドル」であり、2011年に公開された『The Worst Movie Ever!』の「11ドル」という記録が出るまでは、確認されているアメリカ映画の初週興行収入としては史上最低の記録であった[3]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]