フクロユキノシタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フクロユキノシタ科
Cephalotus follicularis Hennern 2.jpg
フクロユキノシタ
保全状況評価[1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: カタバミ目 Oxalidales
: フクロユキノシタ科
Cephalotaceae Dumort. (1829)
: フクロユキノシタ属
Cephalotus Labill. (1806)
: フクロユキノシタ
C. follicularis
学名
Cephalotus follicularis
Labill. (1806)
Cephalotus distribution.svg
フクロユキノシタの分布

フクロユキノシタ (Cephalotus follicularis) は食虫植物の1種で、フクロユキノシタ科に所属する唯一の種である[2]

分類[編集]

フクロユキノシタはフクロユキノシタ属に属する唯一の種で(単型属)、フクロユキノシタ属はフクロユキノシタ科を構成する唯一の属である(単型科)。

形態学に基づく伝統的な新エングラー体系及びクロンキストは、いずれもフクロユキノシタをバラ目の中に含めている。

分子系統学のAPG分類体系では真正双子葉植物 (Eudicots) バラ類 (Rosids) の真正バラ類 I (Eurosids I) カタバミ目に所属させる。

分布[編集]

オーストラリア南西部にのみ分布する。

脚注[編集]

  1. ^ Cephalotus follicularis The IUCN Red List of Threatened Species
  2. ^ Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards.. “The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 29th July 2006.”. 2012年8月17日閲覧。

関連項目[編集]