フォンセカ (葉巻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フォンセカ(Fonseca)とは、キューバ共和国で生産されている葉巻の銘柄の1つ。

概要[編集]

1891年スペインのフランシスコ・フォンセカが設立した葉巻銘柄。マイルド~ミディアムのフルーティな味わいとされ、ビギナーからファンまでと広告される事も多い。一本ずつ薄いペーパーで包装されその上からバンドルが巻かれていると言う、品質の差異が多々とり立たされるキューバ葉巻として比較的丁寧な品質管理が特徴。このような薄紙での個別包装をしているブランドはキューバ葉巻としては本銘柄が唯一である。創立当初より新しい試みや品質の管理を追及し、現在では当たり前となっている味の管理を行うテイスティングルームや、ガラス・金属製のチューボスをいち早く実装した、当時としては先端的なブランドと言える。

種類[編集]

国内での入手が容易な代表銘柄としては、コサコス、デリシアス、及びナンバリングシリーズである。その他にはアメリカ合衆国のキューバ国交断絶により、1960年代からドミニカ産のフォンセカブランドも販売されている。

製品名 サイズ 直径 リング
フォンセカ No.1 ロンズデール 162mm×15.9mm 44
コサコス コロナ 135mm×14.3mm 42
デリシアス ペティ・コロナ 123mm×15.9mm 40

その他[編集]

  • ボックスには自由の女神とハバナのモロ城が描かれており、キューバとアメリカ合衆国の二カ国が当時友好的な関係であった事が窺い知れる。

関連項目[編集]