フェリーニヒング条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリーニヒング条約
署名 1902年5月31日
主な内容 第二次ボーア戦争の終結
ボーア人国家のイギリス植民地化
テンプレートを表示
条約が調印されたメルローズ・ハウス

フェリーニヒング条約(フェリーニヒングじょうやく、英語: Treaty of Vereeniging)は、イギリス帝国トランスヴァール共和国オレンジ自由国で締結された条約フェリーニヒング講和条約(フェリーニヒングこうわじょうやく、英語:Peace of Vereeniging)とも言われる。

概要[編集]

第二次ボーア戦争におけるイギリスの勝利に伴い、ボーア人国家の消滅は確実となった。トランスヴァール、オレンジの両国家の指導者は徹底抗戦をあきらめ条件闘争に課題は移った。イギリス側は植民地内における自治とオランダ語の使用を認めたことからトランスヴァール共和国のフェリーニヒングにおいて条約の締結に合意した[1]

合意内容[編集]

  1. イギリス政府は、ボーア人による自治を認める。
  2. イギリス政府は、ボーア人による自治が行われるまで、黒人解放問題については議論を行わない。
  3. イギリス政府は、ボーア人の再建のため300万ポンドを支払う。
  4. イギリス政府は、ケープ植民地におけるボーア人の抵抗勢力の指導者に限定して拘束する。
  5. イギリス政府は、学校と裁判所におけるオランダ語の使用を認める。

脚注[編集]

  1. ^ 条約に署名したのはプレトリアメルローズ・ハウスである。