ファルナバゾス (アルタバゾスの子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファルナバゾス:Φαρνάβαζος, ラテン文字転記:Pharnabazos, 紀元前5世紀)は、アケメネス朝ペルシアヘレスポントス・フリュギア太守である。

ファルナバゾスは次代の太守ファルナケスの父である[1]。ファルナバゾスの家系は世襲でヘレスポントス・フリュギアの太守を務めており、ファルナバゾスに関する情報は少ないが、紀元前430年より前に(おそらくは死によって)太守位を退き、地位はファルナケスに引き継がれたようである。

[編集]

  1. ^ トゥキュディデス, II. 67

参考文献[編集]

先代:
アルタバゾス
ヘレスポントス・フリュギア太守
次代:
ファルナケス