ピーター・ローソン・タフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Peter Rawson Taft
生家のアーロン・タフト邸

ピーター・ローソン・タフト (Peter Rawson Taft、1785年4月14日 - 1867年1月1日)はアメリカ合衆国大統領ウィリアム・タフトの父方の祖父。

生い立ちと家族[編集]

アーロン・タフト(1743–1808)とローダ・ローソンの息子としてマサチューセッツ州ウースター郡オックスブリッジで生まれた。生家アーロン・タフト邸アメリカ合衆国国家歴史登録財となっている。父アーロンはプリンストン大学卒の農家で、オックスブリッジ、後にタウンゼントに住んだ。アーロンの父はピーター・タフトである。ピーター・タフトの祖父がロバート・タフト・シニアで、アメリカに移民してきた人物である。母ローダ・ローソンの先祖エドワード・ローソンは、1636年にイングランドからニューイングランドにやって来て、マサチューセッツ湾植民地で書記官を務めた。タフト家は、マサチューセッツ州の深刻な不況により、1800年頃にバーモント州に引っ越した。ピーター・ローソンはアクスブリッジとタウンゼントで公立学校に通った。

結婚[編集]

バーモント州ウィンダム郡タウンゼントのシルビア・ハワードと結婚した。シルビアの父はレヴィ・ハワード、母はベシア・チャピン。1810年に息子アルフォンソ・タフトが生まれた。[1] アルフォンソ以外にも数人の子供がいた。

経歴[編集]

知的かつ有能であった。退学後、独学で学び、バーモント州弁護士会に入会し、個人開業した。バーモント州下院議員を長年務めた。バーモント州ウィンダム郡の遺言検認及び郡裁判所裁判官を務めた。[2]

その後[編集]

息子アルフォンソ・タフトアメリカ合衆国司法長官などを務めた。ピーターは、オハイオ州シンシナティで死亡した。孫ウィリアム・タフトアメリカ合衆国大統領となり、タフト家は大いに繁栄した。

脚注[編集]

  1. ^ Descendents of Joseph Taft”. rootsweb.com. 2007年12月8日閲覧。
  2. ^ History of Hamilton County”. heritage pursuit. 2007年10月15日閲覧。