ピエール・シャロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bureau-bibliothèque de Pierre Chareau, Musée des Arts Décoratifs, Paris

ピエール・シャロー(Pierre Chareau、1883年8月4日 - 1950年8月24日)は、フランス家具デザイナーインテリアデザイナー。また建築家ベルナルト・ベイフットの手を借りてフランス・パリのサンジェルマン・デュプレの一画に建てられた、医師ダルザスの邸宅兼診療所ラ・メゾン・デ・ヴェーレ、通称「ガラスの家」と呼ばれる建築設計で知られる。

その他[編集]

  • マルセル・レルピエ監督の映画「人でなしの女/イニューメン」(1923年)で、家具デザイナーとして参加。
  • アール・デコで飾られた東京都庭園美術館にも自身の家具作品がある。
  • 近代建築国際会議CIAMの創立メンバーの一人でもあり、第1回会議にも出席。

参考文献[編集]

  • GA46グローバル・アーキテクチュア ダルザス邸(ガラスの家)1928−1932 ピエール・シャロー/ベルナール・ビジヴォ 二川幸夫 企画・撮影 フェルナンド・モンテス著 Edita Tokyo 1977年 ガラスの家ダルザス邸 ピエール・シャロー、二川幸夫、ベルナール・ボシェ、マルク・ヴェレ 出版社: A.D.A.Edita Tokyo ISBN-10:4871405281 ISBN-13:978-4871405287 1988年
  • プロダクトとしての住宅1 松村秀一 群居31号 1992年12月