ヒドロペルオキシルラジカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒドロペルオキシルラジカル
識別情報
CAS登録番号 3170-83-0 チェック
PubChem 520535
ChemSpider 454055 チェック
ChEBI CHEBI:25935
Gmelin参照 506
特性
化学式 HO2
モル質量 33.01 g mol−1
精密質量 32.997654276 g mol-1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヒドロペルオキシルラジカル (英語: hydroperoxyl radical)、超酸化水素 (英語: hydrogen superoxide)、またはペルヒドロキシルラジカル (英語: perhydroxyl radical) は、化学式が HO2 で表される、形式的にスーパーオキシドアニオンプロトン化されたラジカルである。

生成[編集]

ヒドロペルオキシルラジカルは、スーパーオキシドアニオン O2-プロトンが付加して生成する[1]

反応性[編集]

スーパーオキシドアニオン O2- とヒドロペルオキシルラジカルは、水溶液中で平衡状態にある。

O2 + H2O is in equilibrium with HO2 + OH

このpKaは4.88を示す[2]。したがって、代表的な細胞の細胞質基質内のスーパーオキシドアニオンの約0.3%は、プロトン化された状態で存在する。

主に還元剤の働きをする O2- と違い HO2 は、ビタミンE脂質二重層中の多価不飽和脂肪酸からの水素原子の脱離など、いくつかの生物学的に重要な反応において酸化剤の働きをすることができる。また、これは脂質過酸化反応の重要なイニシエーターでもある。

誘電率pKaに強い影響を与えるため、とても低い誘電率の空気中では、光化学的に生成される O2 はほとんど HO2 として存在する。非常に強い反応性をもつ HO2 は、特定の有機汚染物質を分解させることによる「空気の洗剤」の働きをする。HO2 の化学は地球化学にとって重要である。

環境に対する影響[編集]

ヒドロペルオキシルラジカルは対流圏において炭化水素の酸化によってつくられ、成層圏でのオゾン層破壊の一因となっている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b “Hydroperoxyl radical”. Glossary of Meteorology. 
  2. ^ Reactivity of HO2/O2 Radicals in Aqueous Solution. J Phys Chem Ref Data, 1985. 14(4): p. 1041-1091