パワーボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パワーボール

パワーボール: powerball)は、ジャイロの原理を応用したトレーニング器具。使用中にの羽音のようなうなりを上げることからダイナビーとも呼ばれる。

形状[編集]

野球ボールほどの大きさのプラスチックケースに、重量のあるボールが内蔵されている。ボールの中心には金属が通っており、これを中心にボールが回転する。軸はプラスチックケース内部の赤道面を自由に動くようになっている。ボールにはを巻き付けるためのが彫られている。プラスチックケースの一部からボールが露出しており、露出部分から前述の溝に沿って糸を巻き付け、それを高速で引き抜くことにより回転をあたえる。

使用方法[編集]

糸を使ってボールを回転させたあと、ボール露出面を下に向けてプラスチックケースを片手で握る。回転が安定するまでは手首をゆっくりと回し、次第に動きを速くしていく。最終的にはボールが非常な速さでうなりながら回ることになる。この高速回転を維持することで握力や手首の筋肉が鍛えられる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]