パフィオペディルム・ニウェウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パフィオペディルム・ニウェウム
Paphiopedilum niveumd.jpg
パフィオペディルム・ニウェウム
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ラン科 Orchidaceae
亜科 : アツモリソウ亜科 Cypripedioideae
: パフィオペディルム属 Paphiopedilum
: パフィオペディルム・ニウェウム Paphiopedilum niveum (Rchb.F.) Stein
図版

パフィオペディルム・ニウェウム(またはニベウム) Paphiopedilum niveum (Rchb.F.) Stein は、ラン科植物の一つ。袋形の唇弁をもち、真っ白な弁に細かな紫斑のある花をつける。コンカラータイプの一つで、小柄ながら美麗種[1]として知られる。

特徴[編集]

常緑多年生草本で地上性のラン[2]。根出葉は3-5枚生じ、長さ10-13cm線状舌形で水平に伸びる[3]。表側には濃緑色と灰緑白色のまだら模様が出る。裏面は濃紫色に色づく。

開花期は春から初夏。短めの花茎高さ10-15cmでは直立し、先端に1花をつける。花の径は5-7cm。背萼片は幅が広くて広卵形、乳白色でほとんど無地ながら、僅かに桃色を帯び、細かな点紋が出る。側花弁は幅広くて大きな楕円形で、乳白色に紫褐色の細かな斑点を散らす。唇弁は小さく袋状で乳白色[4]で、入り口は内側に巻き込む[5]

分布と生育環境[編集]

ランクアイ諸島、タンビラン諸島など[6]、マレー半島周辺の小島に点在的に分布する。石灰岩地域に生育するもので、周囲200m、僅かに樹木があるだけの岩だらけの小島で、潮水を被りそうな場所から裸出した岩肌にまで生育していたとの目撃談もある[7]

利用[編集]

洋ランとして栽培される。19世紀末と古くに発見され、純白花をつける佳品とされてきた。愛好者は多いが、日本での栽培では難しいものとされている[8]。他方で白花を作出する際の交配親としても重視されてきた歴史があり[9]、その白色は強く遺伝する[10]

出典[編集]

  1. ^ ガーデンライフ別冊(1969)p.104
  2. ^ 以下、主として土橋(1993),p.179
  3. ^ 唐沢監修(1996),p.453
  4. ^ ガーデンライフ別冊(1969)p.104
  5. ^ 唐澤監修(1996),p.453
  6. ^ ガーデンライフ別冊(1969)p.104
  7. ^ 唐澤(2006)p.20
  8. ^ 唐澤(2006)p.20
  9. ^ 土橋(1993),p.179
  10. ^ 唐澤監修(1996),p.453

参考文献[編集]

  • 土橋豊、『洋ラン図鑑』、(1993)、光村推古書院
  • 唐澤耕司監修、『蘭 山渓カラー図鑑』(1996)、、山と渓谷社
  • 『綜合種苗ガイド⑤ 洋ラン編 ガーデンライフ別冊』、(1969)、誠文堂新光社
  • 唐澤耕司、『世界ラン紀行 辺境秘境の自生地を歩く』、(2006),家の光協会