パイプウニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイプウニ
Heterocentrotus mammillatus in situ from Hawaii.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 棘皮動物門 Echinodermata
: ウニ綱 Echinoidea
: ホンウニ目 Echinoida
: ナガウニ科 Echinometridae
: パイプウニ属 Heterocentrotus
: パイプウニ H. mammillatus
学名
Heterocentrotus mammillatus
(Linnaeus, 1758)
和名
パイプウニ
英名
Slate pencil urchin

パイプウニHeterocentrotus mammillatus)は、ウニの一種。非常に変わった棘をもつ。

分布[編集]

インド洋から西太平洋サンゴ礁に広く分布する。

特徴[編集]

殻径約8cm。

夜行性で、昼間は岩陰に身を潜めている。雑食性。

パイプのような太く長い棘をもつ。棘の先端部は尖らずに平たい形状になっているため、刺さることはないが、身を守る効果は発揮している。棘の先端に淡色の帯がいくつかある。

棘は風鈴などの工芸品に利用されることがあり、涼しげな音が鳴る。

参考文献[編集]