バレーコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Powerchord-Foto.jpg

バレーコードBarre chords)(西:ceja セーハ)とは、ギターウクレレ等の撥弦楽器において用いられる、一本の指で同フレット上の複数のを同時に押弦する奏法のこと。通常はセーハするとは別の指で他の弦、フレットを押さえる事で和音を発する。

解説[編集]

Amajコードの押さえ方

指一本につき弦一本を押さえるコードに比べ、バレーコードは指一本で複数の弦を抑えるため押弦の際の力を要するために慣れない初心のうちは難しい。ギターにおいて最も代表的なバレーコード『Fmaj』を覚える事はギター初心者にとって最初の難関とも言われ、Fコードが押さえられずに挫折してしまうというケースもしばしば見られる。『Fmaj』のようなローコード(ヘッド側)ほど難しいが、コツを掴めば必要以上に力をかけなくとも押さえる事が出来、慣れれば演奏の幅・表現ともに広がる。

バレーは開放弦(弦を押さえずに音を出す弦)を使わないコードフォームで多様される。コードフォームは必ず一つに決まっているものでは無いが、しかし一つ形を覚えればその形のままフレットを移動するだけで音階を変えて多数のコードを鳴らす事が可能になり、ローからハイポジションまで使える。故にテクニックとして必須なのである。

人指し指でのバレー[編集]

ローポジションでの『Emaj』や『Amaj』等の開放弦のあるコードをハイポジションで鳴らす際はローポジションでの0フレットをハイポジションでは人指し指が担うため、人指し指で1〜6(5)弦まで押さえるバレーは最も使用頻度が高い。例えば『Emaj』の形を1フレットずらせば『Fmaj』になり、『Amaj』の形を2フレットずらせば『Bmaj』になる。またバレーの中でも難易度が高く初心者が最初に覚えるバレーである。『Fmaj』は親指で6弦1フレットを押さえて人指し指は1,2弦だけを押さえ指の負担を減らす等、ギター入門書ではしばしば代替法や簡略化したフォームが紹介されている(いわゆるロックフォーム)。ローポジションの『Amaj』は人指し指先の腹の部分を使って2~4弦を押さえる。

薬指でのバレー[編集]

Bmaj』等で使用する。人指し指のバレーと併用し、且つ左手薬指は力が入り難いために『Fmaj』よりも難しく、ローポジションの『Bmaj』では薬指の代わりに小指を使用する代替法もある。

コード表[編集]

*’------’は弦、’|’はフレット、アルファベットは音階、’X’はミュート。上から1弦、2弦、3弦の並びで表す。

   F                           Fm
 E |--○--|-----|-----|-- R   E |--○--|-----|-----|-- R 
 B |--●--|-----|-----|-- 5   B |--●--|-----|-----|-- 5 
 G |-----|--●--|-----|-- M3  G |--●--|-----|-----|-- m3 
 D |-----|-----|--○--|-- R   D |-----|-----|--○--|-- R 
 A |-----|-----|--●--|-- 5   A |-----|-----|--●--|-- 5  
 E |--○--|-----|-----|-- R   E |--○--|-----|-----|-- R 
         1     2     3               1     2     3
  • 5弦2フレット(B音)ルートのBBm
   B                           Bm
 E |--●--|-----|-----|-- 5   E |--●--|-----|-----|-- 5
 B |-----|-----|--●--|-- M3  B |-----|--●--|-----|-- m3
 G |-----|-----|--○--|-- R   G |-----|-----|--○--|-- R
 D |-----|-----|--●--|-- 5   D |-----|-----|--●--|-- 5
 A |--○--|-----|-----|-- R   A |--○--|-----|-----|-- R
 E |--X--|-----|-----|--     E |--X--|-----|-----|--
   1     2     3     4         1     2     3     4