バドミントンの技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バドミントンの技術

ここでは、競技としてのバドミントンにおいて必要な技術全般について記述する。

グリップ[編集]

バドミントンラケットのグリップ(握り方)は、大きく分けて、イースタングリップウエスタングリップサムアップの3つに分類することができる。グリップによってそれぞれの長所及び短所がある。

イースタングリップ[編集]

  • バドミントンにおいて一般的に基本のグリップとして用いられているグリップ。主にフォアハンド側及びオーバーヘッドストロークで打つ際に使用される。
  • グリップの握り方は、ラケットのフェース面を床と垂直にし、握手するようにグリップを握る。その際にグリップの部分を強く握らずに小指と薬指で軽く握り、親指と人差し指でVの字になるようにし、人差し指と中指の間には隙間ができるように握る。
  • 長所は手首の可動範囲が広く、回内運動・回外運動を最大限に利用でき、インパクトの瞬間だけ面を作るので、打つ直前までどこに打つかわかりづらく、コースを読まれにくい。また、後述のサムアップに握り変える際にスムーズに握り変えることができる。
  • 短所は最初にフェース面が縦になっている為、そのままラケットを振ると、フェース面にシャトルが当たらないので、手首及び肘の回内運動でフェース面を作る必要がある。これをリストスタンドという。このフェース面を作る技術が非常に難解な為に初級者はフェース面が作りやすい後述のウエスタングリップを使用することが多い。

ウエスタングリップ[編集]

  • グリップの握り方は、ラケットのフェース面を床と平行にし、真上からグリップを握る。主にフォアハンド側及びオーバーヘッドストロークで打つ際に使用される。
  • 長所は最初からフェース面が作られている為にシャトルを真っ直ぐに打ちやすい。主にネット前でプッシュを打つ際に使用される。
  • 短所は手首の可動域が狭く、回内運動・回外運動を十分に使えない。フェース面が打つ前から打つ方向に向いている為にコースが読まれやすい。また、後述のサムアップへの握り変えが難しい。

サムアップ[編集]

  • バドミントンにおいて、バックハンド側で打つ際に使用される。
  • グリップの握り方は、イースタングリップから親指を立て指の腹側をグリップに沿わせるように握る。
  • 上記のように握り変えることを「サムアップする」と一般的に呼ばれている。
  • 主に、スマッシュ(プッシュ)レシーブをする際はサムアップで受けた方がレシーブをしやすい。
  • 長所はバックハンド側のシャトルを打ちやすい。
  • 短所はフォアハンド側のシャトルが打ちにくい。

ラケットワーク[編集]

バドミントンにおけるラケットを使用する技術を、総じてラケットワークという。ラケットスポーツでは一般的に利き手側に来たシャトルを打ち返す打ち方をフォアハンドストロークといい、利き手と反対側に来たシャトルを打ち返す打ち方をバックハンドストロークというが、バドミントンにおいては特に手首の回内と肘関節の内旋を使ってラケットを振る場合をフォアハンドと呼び、その反対をバックハンドと呼ぶという点で、他のラケットスポーツとフォア・バックの分類の定義がやや異なる。

フォアハンド、バックハンドそれぞれに打点の高さによってオーバーヘッドストローク・サイドアームストローク・アンダーハンドストロークの3つのストロークがある。それぞれ名前の通り、オーバーヘッドは頭より上、サイドアームは腕の高さ、アンダーハンドは手より下、のそれぞれの位置に来たシャトルを打つ打ち方である。バックハンドのオーバーヘッドを特にハイバック、利き腕と反対側(バック側)に来たシャトルを、フォアハンドで打ち返す技術を特にラウンドザヘッドストロークという。

上記のストロークから打ち出すシャトルを、相手コートに向かって飛ぶ軌道や速度で細分化し、それぞれ名称を付けた物をバドミントンではフライトと言い、それらは以下に記載する。

サービス[編集]

特になし

クリア[編集]

  • 相手のコート後方に大きく打ち出すフライト全般。自分の体勢が崩され,立て直す時に有効。
  • 高く打ち出し、相手をコート後方に追いやるものをハイクリア、逆に低く打ち出して相手の頭上を抜く攻撃的なクリアをドリブンクリアという。

ドロップ[編集]

  • コート中盤~後方から、相手のコート前方にシャトルを沈めるフライト全般。ドロップショット。シャトルのスピードが遅いため、

相手に取られる場合がある。ただしカットよりは、精度がある。

  • シャトルをスライスして打つものは、カットと呼ばれる場合もある。

ドライブ[編集]

  • シャトルをコートと平行に近い角度で打ち出すフライト全般。
  • 攻撃的に打つなら、なるべく前の位置で打つと効果的である。

スマッシュ[編集]

  • オーバーヘッドストロークから、相手コートに対して鋭角に打ち出すフライト。最も攻撃的なフライト。
  • ヒットする瞬間にシャトルをスライスして打ち出すスマッシュを、カットスマッシュという。
  • 左利きの人が打つカットスマッシュは、クロスファイアと呼ばれ、野球の変化球シュートのように変化する。

ロビング[編集]

  • コート前方から、相手コート後方へ打ち出すフライト。ロブ。
  • 攻撃的に低く速く打ち出すロビングを、俗にドリブンクリアという。

ヘアピン[編集]

  • コート前方の、ネット近くに来た打球を、相手コートのネット付近に落とすフライト。ネットショット、ネット。
  • シャトルに回転を加えて不規則な変化をするように打つものは特にスピンネットという。
  • 名前の由来は、打球の描く軌道がヘアピンの形に似ていることから。
  • ダブルスではなるべくネットすれすれの低い高さに。シングルスではなるべくネット近く(前方)に落とすと効果的。

カット[編集]

  • ヒット時にラケットフェースを斜めにしてシャトルを打つフライト全般。
  • ラケットを体の内側にひねる場合と、外側にひねる場合があり、後者を特にリバース(逆)カットという。
  • ドロップを単にカットと呼ぶ場合もあり、その逆もある。
  • 名前の由来は、ラケットでシャトルを切るようにして打つことから。
  • 面を斜めにして打つため、コースを読まれにくい。そして、シャトルのスピードもあるため、相手が追いつけない場合がある。

ただし、ドロップショットよりは精度が低いため、ミスする場合もある。

プッシュ[編集]

  • ネット付近に来たシャトルを、相手コートに鋭角に叩き落すフライト。
  • シャトルが相手コートに落ちるまでの時間が短いので、決定率が高い。

レシーブ[編集]

  • 相手がスマッシュ・プッシュ等の攻撃的な打球を打ってきたときの返球全般。

※これらは全て相手のフライトにも影響を受けるため、いつでも上記のフライト全てを打てるわけではない。例えば、相手の打ったスマッシュをスマッシュで返球することは物理的に不可能である。また、これらの名称は基本的に日本で一般的に用いられているもので、必ずしも世界共通のものではない。

フットワーク[編集]

バドミントンのフットワークの技術は、他のスポーツには見られない独特なものである。通常のランニングのような足の運びで動くことはあまり無く、ほとんどはサイドステップやジャンプでコートをカバーする。大まかに分けてコート前方・中盤・後方に動く場合のフットワークがあり、それぞれフォア側・バック側の2種類ずつある。それぞれの方向へのフットワークを以下に記載する。これらは効率的に動くためのもので、必ず以下のようでなければいけないわけではない。

コート前方[編集]

  • フォア側・バック側ともに、最後の一歩は利き腕と同じ側の足を大きく踵から踏み出すのが基本。
  • 踏み出した足の膝関節の角度を135度前後にすることで、素早くホームポジションに戻ることが出来る。

コート中盤[編集]

  • フォア側のシャトルを打つときは、利き腕側の足を出す。
  • バック側のシャトルを打つときは、シャトルが比較的体の近くに来たときは、そのまま利き腕と逆側の足を一歩出し、体から離れた所に来たシャトルは、体を反転させて利き腕側の足を出す。

コート後方[編集]

肘を引きながら体をネットと垂直に近い角度にして下がり、ラケットを振ると同時に体を回転させ、ホームポジションに戻るのが基本。

  • フォア側でもバック側でも、体を回転させずサイドステップ気味に移動して、移動したい方向の側の足でジャンプし、同じ足で着地するようなフットワークもある。最近は特にフォア側でこのようなフットワークが多用される。
  • バック側をハイバックで打つ場合は、体を反転させて相手に背中を完全に向け、利き腕側の足を出す。

※これらの動きのをする前の構えの段階で、慣性を破るために小さなジャンプやステップを入れ、その反動で動き出す技術をバドミントンでは特にリアクションステップ(チャイニーズステップ)という。