ハートフォードシャー大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハートフォードシャー大学 (University of Hertfordshire) は、イギリス、のハートフォードシャー州、ハットフィールドにある国立大学。HIBT学士課程進学プログラム のキャンパスでもある。23,000人の学生が通う。

キャンパス[編集]

ハートフォードシャー大学のキャンパスは3つある。

  • カレッジ・レーンキャンパス
  • デ・ハヴィランドキャンパス(サラセンズのトレーニンググラウンドも完備 )
  • セント・アルバンズキャンパス

大学のメインはカレッジ・レーンキャンパスであり、そこには母体となったハットフィールド・テクニカル・カレッジビルディングがある。その他に新しいビルディングも加わってきている。よく知られているのは、ラーニング・リソース・センター(LRC)や、図書館とコンピュータセンターである。コンピュータ・サイエンス、エンジニアリング、ナチュラル・サイエンス、ヘルス&ヒューマンサイエンスなど全てがカレッジ・レーンキャンパスをベースにしている。また、学生寮やスチューデントユニオンなどもこのキャンパスに位置する。 デ・ハヴィランドキャンパスはカレッジ・レーンキャンパスから徒歩で約15分ほどのところにあり、以前はBAe(ブリティッシュ・エアロ・スペース)があった場所に建てられた。ビジネス・スクールや人文科学教育学部などがこちらをメインキャンパスとしている。ロー・スクールは法廷に近いセント・アルバンズキャンパスにある。以前はキャンパスがワットフォード(ウォール・ホール)とハートフォード(ボールズ・パーク)にあったが、デ・バヴィランドキャンパスがオープンしたと同時に閉鎖された。ベイフォードバリーにある4つ目のサイトには、大学の観測所や生物学、地理学の分野がある。大学は特に、歴史やエンジニアリング、コンピュータ・サイエンス、天体物理学、哲学、看護・ヘルスケア、パラメディック・サイエンスなどのリサーチの質が高い。ハートフォードシャー大学のスチューデントユニオン(UHSU)はカレッジ・レーンキャンパスで頻繁にイベントを催したりもする。

歴史[編集]

1951年、企業であるde Havillandがハートフォードシャー州議会にハットフィールドにあるA1ロードに隣接する土地を永久的に教育事業目的に使うことを前提に明け渡した。議会はこの土地にハットフィールド・テクニカル・カレッジを設立し当時ハットフィールドの重要産業でもあった航空宇宙産業のためのエンジニアを教育した。1967年に、ポリテクニックとなり、ハットフィールド・ポリテクニックと呼ばれた。Further and Higher Education Act 1992の施行により、大学となった。

組織[編集]

学生[編集]

教員[編集]

スポーツ・サークル・伝統[編集]

主な出身者[編集]

外部リンク[編集]