ハリガネウミヘビ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリガネウミヘビ科
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : カライワシ上目 Elopomorpha
: ウナギ目 Anguilliformes
亜目 : ウナギ亜目 Anguilloidei
: ハリガネウミヘビ科 Moringuidae
下位分類
本文参照

ハリガネウミヘビ科 (Moringuidae) は2属6種。世界中の熱帯海域に分布し、少数の淡水産種も含まれる。体は極端に細長く、背鰭・臀鰭の丈は短い。鱗はなく、胸鰭は非常に小さい。鰓の開口部の位置は低い。眼は小さく、皮膚に埋もれている。これらの独特な形態学的特徴は、彼らが行う砂泥中での潜伏生活への適応と考えられている。

約15センチメートルないし140センチメートルの体長に対し、極端に細長い円筒形の体型を持つことから、このように命名された[1]

下位分類[編集]

ハリガネウミヘビ科は、以下の2属14種から成る[2]

典拠・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ McCosker, John F. (1998). Paxton, J.R. & Eschmeyer, W.N.. ed. Encyclopedia of Fishes. San Diego: Academic Press. p. 89. ISBN 0-12-547665-5. 
  2. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2009). "Moringuidae" in FishBase. January 2009 version.