ハウエル・ハリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハウエル・ハリス 1714-1773

ハウエル・ハリスウェールズ語Hywel Harris1714年 - 1773年)は、18世紀、ウェールズ・メソジスト・リバイバルの指導者である。

彼は、1714年ウェールズトレヴェッカの農夫の家に生まれた。少年時代にイングランド国教会の牧師になりたいという願いを持っていたため、両親は貧しいながら出来る限り教育を受けさせた。

1735年に霊的な覚醒と回心を経験する。彼はキリストの血によって恵みを受けたという確信を持った。すぐにまわりの人々に証し、キリストの赦しの確信を求めるようにすすめ、家庭集会を始めた。

彼のメソジストの立場から、国教会に聖職者按手を拒まれ、野外説教者となってウェールズで福音を宣べ伝えた。

1750年、ダニエル・ローランドと争い、自分の家に退いた。1752年に、モラヴィア派の影響を受けて、キリスト教のコミュニティを設立する。ローランドと和解したハリスは、1763年、再び伝道活動を再開する。

彼が召天した時、二万人以上が葬儀に参加した。彼は事実上ウェールズ長老教会の創立者だった。

外部リンク[編集]

参考[編集]

  • 『リバイバル人物伝』立石靖夫 新生宣教団 ISBN 4882810883
執筆の途中です この項目「ハウエル・ハリス」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。