ノイズゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ADSRを用いてノイズゲートの動作を示した図。青が入力信号推移、赤が出力信号推移。

ノイズゲート(noise gate)とは、主に雑音の軽減を目的として、一定レベル以下の音信号を減衰させるエフェクターである。イベントPA電話機、音楽制作など多くの場所で使用されている。

基本的な仕組みは、入力信号がしきい値(スレッショルド)以下になると出力レベルを下げ(ゲートを完全に閉じ、あるいは不完全に絞り)、しきい値以上になると出力レベルを元に戻す(ゲートを開く)というものである。実用上にはしきい値のほかに、減衰の割合、ゲートの開閉エンベロープ、ゲートが反応する周波数帯域といったパラメータが指定されるのが一般的である。減衰の割合を100%とはしない、すなわちゲートを閉じ切らない使用法をダッキング英語版という。音楽的なダイナミックレンジを人工的に広げる目的のエキスパンダーとおおよそ同様の仕組みを持つ。

ノイズゲートによって残響を短く切ったリバーブレーターの表現をゲートリバーブ英語版と呼ぶ。1980年代ポップ・ミュージックにおけるドラムサウンドで多用された。

関連項目[編集]