ニューハウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯55度40分47秒 東経12度35分26秒 / 北緯55.67972度 東経12.59056度 / 55.67972; 12.59056

ニュハウン(テントは屋外カフェ)

ニュハウン(Nyhavn)は、デンマークコペンハーゲンにある地域。コンゲンス・ニュトー広場の東、アマリエンボー宮殿の300mほど南にある。観光地として知られ、飲食店やアンティークショップなどのカラフルな建物が軒を連ねている。コペンハーゲンで最も活気のある町と云われている。

ニュハウンとは「新港」という意味であり、国王クリスチャン5世によって1670年代に建設された。埠頭となる水路があり、ヨットや観光船が行き来している。ハンス・クリスチャン・アンデルセンが、ここを居所とし18年間住んでいたこともあった。

Northern-Europe-map-extended.png この「ニューハウン」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ